アキレス腱断裂した力士が奮闘

勝敗で番付が決まる、競争厳しい相撲界。

幕内で活躍していた2人の力士が相次いでアキレス腱断裂し、再起の場所を迎えています。

安美錦関

安美錦関は5月場所で前頭三枚目で出場したものの、2日目にケアキレス腱を断裂。一場所休場して、4ヶ月後の9月場所から十両で復帰。8勝7負で見事勝ち越して、幕内を死守しました。

安美錦関は小技が上手く、初日、二日目ともに上手く相手をいなしての勝利。現在三勝二敗と勝ち星がリードしています。

豊ノ島さん

豊ノ島さんは7月の稽古中にアキレス腱を断裂。2場所休場したため幕下へ転落。4ヶ月後の本場所から復帰し、幕内への返り咲きを狙っています。

ちょっと固さはあったかもしれませんが、初日を白星でスタート。現在一勝一敗です。

▼▼▼▼

お二人とも4ヶ月ほどで復帰しています。私の場合だとちょうど年明けとなります。本格的なジョギング再開は、その頃ですね。

重い体をアキレス腱で支えながら、激しい相撲がとれるのですから。リハビリをしっかりすれば、スポーツ復帰できるということです。

本場所のお二人の相撲に注目です。

【参考】

カテゴリー「アキレス腱断裂の治療」記事一覧 手術後から半年後の完治、その後の様子を更新中。

[list cat=”168″ num=”100″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました