ゴルフスイングは右肘で決まる ゴルフ総括2023

今年の秋頃に「人生の中で一番よいスイング」を体験しました。

「右肘の使い方」を変えることによって、スイングが激変しました。

一週間くらいすると、また色々ズレてきて、当たりにくくなってしまったのですが、あの感触は覚えています。

引き続き、あのスイングを追い求めていきます。

過去の総括 → 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年

スポンサーリンク

2023年は何を学んだか?

右肘を身体から外さないスイング

右肘を常に身体の前側に置くようにスイングをしていくと、ダウンスイングの際に右肘がスムーズに身体の前を通って、しっかりクラブを振ることができます。

手元が常に胸の前にあるようなイメージでも良いと思います。

右肘が身体から外れてしまい、ダウンスイングで脇腹に右肘が残ってしまうと、絶対にハンドファーストにはならず、しゃくりあげるハンドレイトの打ち方になってしまいます。

この仕組みに気がついてから、スイングが劇的に変わりました。

上半身を予め右に捻っておく

しかし、右肘を身体から外さずスイングするのは、かなり難しいです。私は身体が固く、骨盤も左に回っているので、右へテイクバックするのがキツイです。骨盤が回らず、腕だけでクラブを上げてしまうと、右肘が身体から外れてしまいます。

上半身を予め右に捻ってアドレスをすると、右肘がおへその近くにセットできて、その状態でテイクバックをしていくと、右肘が身体から外れにくいことに気が付きました。

これだけで、当たりが劇的に変わりました。前よりもハンドファーストに当たるようになったのだと思います。

しかし、良いあたりが続いたのは1週間。次第に当たりが悪くなってきました。身体を右に捻っておく意識が強すぎて、他が色々変わってきてしまったようです。

グリップを緩めない

身体を右に捻っておくだけでなく、右肘を外さない方法なないか色々試したところ、グリップが緩んでいることに気が付きました。

左手はフックグリップで握り、右手も内側に絞るようにグリップすると、脇が締まるので、右肘が外れにくくなり、当たりが戻ってきました。

元々グリップが緩んだいたのか、右肘を意識するあまり、緩んできてしまったのかはわかりませんが、グリップは一番重要と言われているので、ここを直せたことは良かったです。グリップが変わると、スイングの全てが変わることに、今更ながら気が付きました。

引き続き、右肘が外れないスイングを模索していきます。

パターの本当の芯を知る

今年はパターが良かったです。ショットがだめでも、パターで取り返していました。

なるべくボールの近くに立って、膝を伸ばしてアドレスし、下半身をロックすることで、自由度を極力なくしました。

また、パターの芯がパターの印よりも若干内側にあることが判明し、ボールの転がりが良くなりました。

お助けクラブでスコアをまとめる

ショットが悪かったので、アプローチやバンカーも調子が悪かった。

そこで、アプローチ用にチッパー、バンカー用にドルフィンウェッジを購入しました。

チッパーは導入初戦でチップインバーディーを取るなど、投資をいきなり回収しました。

ドルフィンウェッジも、バンカーからの脱出率が上がりました。

来年もショットの探求が続く

右肘が外れないスイングは、私が目指すべきスイングだと確信しました。

来年も追求していきたいです。

今日のわかった

来年こそは90切りを目指したいです!

ゴルフ100切り
スポンサーリンク
当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
フォロー、ブックマークしていただけると、ブログ更新を見逃しません
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました