飛距離が落ちて悩んだ1年 ゴルフ総括2021

今年もコロナに振り回された1年に。ランニングのレースは軒並み中止となり、唯一の楽しみといえばゴルフでした。

夏くらいはスコアが調子良かったのですが、秋から100すら切れなくなってしまいました。

ですが、冬になってきて、ボールに対して立つ位置を遠くしたら、飛距離が伸びるようになりました。来年巻き返します、

過去の総括 → 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年

スポンサーリンク

2020年全ラウンド記録

  • 1/20 富士ロイヤルカントリークラブ 東コース 99(34)
  • 2/26 富士ロイヤルカントリークラブ 東コース 106(38)
  • 3/23 富士ロイヤルカントリークラブ 東コース 104(34)
  • 4/20 随縁カントリークラブ富士コース 100(38)
  • 5/7 リバー富士カントリークラブ 駿河-富士 103(42)
  • 5/16 富士見ヶ丘カントリークラブ 99(33)
  • 5/26 富士ロイヤルカントリークラブ 東コース 94(34)
  • 6/4 随縁カントリークラブ富士コース 99(36)
  • 6/10 富士見ヶ丘カントリークラブ 95(35)
  • 6/24 富士見ヶ丘カントリークラブ 103(35)
  • 7/9 富士見ヶ丘カントリークラブ 101(29)
  • 7/16 富士見ヶ丘カントリークラブ 104(31)
  • 8/3 富士ロイヤルカントリークラブ 東コース 96(34)
  • 9/1 富士見ヶ丘カントリークラブ 94(29)
  • 9/14 富士ロイヤルカントリークラブ 東コース 95(36)
  • 9/29 富士見ヶ丘カントリークラブ 104(29)
  • 10/25 富士見ヶ丘カントリークラブ 103(34)
  • 10/29 富士ロイヤルカントリークラブ 東コース 104(37)
  • 12/9 随縁カントリークラブ富士コース 111(40)
  • 12/15 富士ロイヤルカントリークラブ 東コース 107(38)

19ラウンド。記録を忘れたラウンドもあるので、20ラウンドはしたと思います。

今年もコロナで、マラソンレースはすべてキャンセル。家族での旅行なども行きませんでした。その分、三密を避けられるゴルフは行きまくりました。すべて平日の安いプランなので、経済的にも助かりました。

2021年は何を学んだか?

飛距離が落ちていく

今年の前半に、ハーフスイング気味で振ると、上手くミートして距離も伸びるし、安定度も増すという気づきがありました。

しかし、スイングが小さくなってしまって、結局飛距離が全体的に落ちてしまいました。スコアも秋に入ってから停滞気味。

色々試してみると、ボールに近すぎることがわかってきました。ちょっと遠くで構えると、昔の飛距離が戻ってきます。

FWやUTもチョロが多かったのですが、捕まるようになってきました。どうやら、ボールに当てようと近くに立つと、スイングが窮屈になって、上体の起き上がりが起きていたようです。

来年は、大きなスイングに戻したいです。

ショートゲームだけが頼り

ショートゲームだけは調子が良かったです。ところが、冬の時期に入って、芝が薄くなってくると、トップが増えてきました。

夏の時期は芝が伸びていて、ティーアップしているような状態で、打ちやすいのに対し、冬は難しいです。

こちらも色々試してみると、ハンドアップして振ったほうがボールがしっかり捕まることがわかりました。

ハンドアップすることで、手首を固定するというより、スイングに沿って手首を返していく感じです。

どのシーズンでも安定するアプローチを磨きたいです。

ショットの探求が続く

手首を固めて振るのではなく、ボールを捕まえるアプローチの打ち方に、全てのショットのヒントがありそうです。

まずはボールに近すぎず、離れてスイングすることを徹底したいと思います。

2022年も迷走しそうです。

今日のわかった

2022は「基本に忠実」に行きたいと思います。

ゴルフ100切り
スポンサーリンク
当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました