すべてハーフスイングでゴルフコースをラウンドしてみた

日々、ゴルフスイングを研究しています。

最近は飛距離を伸ばそうと、スイングを大きくしたり、コックを効かせたりと試していたのですが、あまりうまく行きません。

逆に、ハーフスイングでしっかりミートしたほうが、飛距離が伸びるのでは? と考えるようになりました。

スポンサーリンク

スタートホールで大叩きして、開き直った

先日ラウンドした際、スタートホールで、いきなり+5を叩いてしまい、心が折れそうになりました。

パー4で2打目をUTで力んでシャンク。3打目をバンカー。4打目ホームラン。5打目トップして再びバンカー。7打目出すだけ。8、9打で2パット。ドタバタゴルフでした。

月に一度の楽しみにしていたゴルフ。1ホール目からやってしまった。

しかし、これで1日を無駄にするわけにはいきません。何かしら成果を持ち帰りたい。

そこでふと思いました。シャンクもトップも力むからではないか?ならば、今日はあまり力まず、ハーフスイングでミート中心にプレーしてみよう。

実験が始まりました。

ハーフスイングの方が方向も良いし、距離も出る

2Hからは、まずドライバーをハーフスイング気味で打ってみました。すると、しっかり芯の近くでヒットできて、方向が安定しました。飛距離もそんなに変わらない。

次にアイアンもハーフスイングで打ってみました。ボールが捕まるようになりました。飛距離はミートした分逆に伸びました。

ユーティリティはこの日は上手く打てなかったのですが、ラウンド後半でハーフスイングを徹底したところ、当たりが良くなってきました。

コンパクトに振ることで、スイングスピードを上げる

もしかすると、スイングは小さくなっても、その代わりコンパクトに体を使ってスイングスピードを上げ、芯でボールを捉えることで、当たりが良くなるのでは?

これまでのスイングは、そもそも大きすぎたのではないか?

そんな仮説を立てました。

フルスイングで打てる方が少ない

1/4のスイングで上手く打てなければ、ハーフスイングも当たらないし、フルスイングも当たらない。

実際のラウンド中は、真っ平らなフェアウェイから打てることは少なく、ラフや斜面、木の後ろなど、フルスイングができない状況の方が多いです。

だったら、ハーフスイングや1/4スイングをしっかり打てるように練習をしたほうが、スコアに直結するのでは?

そんなことを思いました。

コロナ禍での唯一の楽しみ

コロナ禍で、趣味だったマラソンレースはほとんど開催されず。

最近の唯一の楽しみは、三密を避けられて楽しめるゴルフです。

しかし、このゴルフ。スイングが下手だと思い通りのプレーができず、面白くありません。

しばらくは、ハーフスイングを練習してみようと思います。

今日のわかった

コペルニクス的な発想ですが、小さいスイングで当たらなければ、フルスイングも当たらないというのは、理にかなっています。なんとか上達できればよいのですが。

ゴルフ100切り
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました