Kindle電子書籍出版には夢がある

これまでに、kindleで電子書籍を5冊、自力で出版してきました。これからも、年に1-2冊出版できたら良いなと考えています。

かん吉のAmazon著者ページを見る

今回は、電子書籍出版は夢があるという話をしたいと思います。

スポンサーリンク

「人気ブログの作り方」は8,800部販売

一番最初に出版した電子書籍「人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術 Kindle版」は、当ブログ記事をまとめて編集してつくりました。

2015年4月に販売して、これまで6年間で、合計8,800部以上ダウンロードされました。

さらに、Kindle Unlimitd(Kindle読み放題)でも読めるため、そちらで読まれた総ページ数(KENP)は、120万近くとなっています。一冊110ページなので、120万÷110≒11,000冊相当読まれていることになります。

合計すると、2万部以上読まれた計算になります。なかなかすごい話だと思います。

出版方法は簡単

「電子書籍なんて、難しそうで私に作れない」と思っている方は多いと思いますが、ワードなどのワープロソフトが使えれば、誰でも簡単に作れます。

私は、テキストアプリで原稿を書いています。

でんでんコンバーター」という、無料で利用できる神のようなウェブサービスに原稿を遅れば、電子書籍ファイルにしてくれます。

あとは AmazonのKDPページから、ファイルをアップロードすればOKです。本当に簡単です。

詳しい作業手順は、下記の記事を読んでみてください。

印税はなんと70%

気になるのは、印税ですよね。

商業出版だと、印税は売上の7-8%です。高くても10%ですが、Kindleの場合、最高で約70%です。

300円で販売しても、200円ほどの印税が入ります。商業出版で2,000円の本が売れても、印税は150円前後です。200円の電子書籍の方が、印税が高いのです。

Kindle Unlimitedの場合は読まれたページ数(KENP)を2で割った数が、大まかな印税となります。10,000KENPの場合、印税は5,000円くらいです。

売るのはなかなか大変

良いことばかり話してきましたが、苦労もあります。

Kindle電子書籍はAmazonで売ることができるのですが、Amazonは積極的に売ってくれるわけではありません。本は自分で売るしかありません。

自分のブログやSNSで紹介したり、特設ページで読者が書いてくれた書評を紹介したりと、努力が必要です。

電子書籍出版を見据えたブログ運営

ブログ記事を、編集してまとめたものでも電子出版できます。私もその方法を使っています。

元々は永江一石さんの電子書籍で知りました。ブログ記事を編集するだけでも電子書籍を作れるんだと、感銘を受けました。

↑最新の永江本。ブログ記事を編集してまとめたものです。

ブログ記事は、ゆくゆくは出版に使うことを想定して、書いていくと良いでしょう。

10冊出版したらどうなるか?

電子書籍を10冊販売したら、それなりの印税が入ってくると思います。

安定して印税が入ってくれば、生活も楽になりますし、将来に向けての投資も積極的になれます。

例えば、数万円の印税が入ってくれば、それをそっくり、つみたてNISAで積み立てて置けば、5年10年経てば、ものすごく増えているかもしれません。

楽楽NISA投資4ヶ月目 先月までのパフォーマンスは+5.3%!

そう考えると、電子書籍出版は、がありますね。

今日のわかった

コロナで行動が制限されて、ブログネタが少なくなっています。
そろそろ、このブログもテコ入れしないとなと思っています。

Kindle出版する方法
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました