MacBook Air (13-inch, Mid 2013)のOSを、Catalinaにバージョンアップ。「残り1分」で停まってしまい焦った

MacBook Air (13-inch, Mid 2013)のOSがSierraだったのですが、Catalinaにバージョンアップしました。

途中「残り1分」で停まってしまい、焦りましたが、なんとか終わりました。

スポンサーリンク

DaVinci Resolveを利用したい

お古のMacBook Air (13-inch, Mid 2013)に、画像編集ソフトDaVinci Resolve 17をインストールしようとしたら、OSのバージョンが古くてインストールできませんでした。

Mac OS 10.14.6以上である必要があるのですが、MacBook Air (13-inch, Mid 2013)のソフトウェア・アップデートを確認したら、MacOSはSierra 10.12で、「最新の状態」になっていました。

システム的には、これ以上のバージョンアップは出来ないのですが、調べてみると、MacBook Air (13-inch, Mid 2013)はmacOS Catalina 10.15まで対応しているとのこと。手動でインストールすればできそうです。

バージョンアップは無事終了

App StoreからmacOS Catalinaをインストールしました。

バージョンアップ自体は1時間ほどで終了し、やれやれでした。

再起動したら「残り1分」で停まってしまった

ところが、しばらく利用していると「再起動しますか?」という表示が出ました。

アプリ等のアップデートかなと思い、再起動をすると、再びOSバージョンアップのような感じに。

最後の最後で「残り1分」の表示のまま、フリーズしてしまいました。「残り1分」が全く進みません。

1時間ほど経っても、一向に先に進まないため、電源ボタン長押しで再起動をかけてしまおうか、迷いました。

ネットで調べてみると、「とにかく待つ」ことが、解決手段の一つのようなので、とりあえず、待つことにしました。

1時間ほどジョギングに出て、帰ってきたら、いつのまにかアップデートが終わっていました。1時間半くらいかかったようです。

バックアップを取っていなかったので、かなり焦りましたが、無事終わって良かったです。

夜間にバージョンアップする理由

Apple製品は、「夜間にアップデート」することが多いのですが、その理由は、今回のように「時間がかかる」ことがあるからかなと思いました。

昼間に数時間、パソコンやスマホが使えないのはストレスですからね。

バージョンアップやアップデートは、時間がかかる可能性があることを、肝に銘じておきたいです。

今日のわかった

綱渡りなバージョンアップでしたが、無事完了してよかったです。DaVinci Resolveを使いこなせるようにしたいです。

Mac
スポンサーリンク
当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました