ビックカメラの株主優待の金券が超絶使える

ビックカメラの株を保有しています。100株持っていると、一年で3,000円分の金券を貰えます。

年間3%以上の利回り。家電だけでなく、お酒や洗剤などの日用品も購入できるので、便利に活用しています。

スポンサーリンク

株主優待券だけで年間3%以上の利回り

ビックカメラの株を保有しています。現在1,100円ほどで、最小購入単位である100株なら11万円ほどで購入できます。

100株持っていると、一年で3,000円分の金券を貰えるのです。さらに株主優待券だけでなく、配当ももらえます。2021年の配当金の予定は100株あたり、1,300円です。

これだけで年間合計4%近い利回りですが、この金券が実はものすごい使えるのです。

ビックカメラというと、家電がメインの量販店です。3,000円もらえるといっても、電化製品を買う機会なんて、多くありません。電池をまとめ買いするくらいしか、利用する機会はないのかな? と思っていました。

ところが、使い道はたくさんあるのです。

傘下のコジマには種類豊富なお酒コーナーがある

コジマはご存知でしょうか? 郊外に多い家電店です。コジマはビックカメラの子会社なので、ビックカメラの金券を利用できます。

我が家のある静岡市には、比較的大きなコジマがあり、その店舗の中にはお酒売り場があります。このコーナーがすごい!

スーパードライや金麦のような一般的なビールだけでなく、高級なクラフトビールも置いてあるのです。とにかく種類が豊富!

いつもなら手が出ない銘柄も、金券なら買いやすいですよね。

お酒だけでなく、洗剤などの日用品も売っているので。使い切れないといことはないと思います。

2年以上保有すると年5,000円にアップ

ビックカメラを2年以上保有すると、年間にもらえる金券が2,000円アップして5,000円となります。

これらをすべて合計すると、年間の利回りは6%近くなります。

16-17年ほどで元が取れてしまいます。その後は実質タダ株になるので、いつまで持っていても問題ありません。

かなりお得なのではないでしょうか!

▼▼▼▼

株はSBI証券や楽天証券などの証券会社で購入が可能です。私はSBI証券を利用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました