AppleのAirTagが便利!我が家の活用方法

Appleが「AirTag」という面白いツールを発売しました。

缶バッチのような形をしていて、iPhoneの「探す」で、その位置を調べたり、ブザーを鳴らすことができます。

つまり、無くしそうなものにAirTagを着けておけば、その位置が分かるのです。

スポンサーリンク

お財布に入れてみた

私はお財布が行方不明になることがたまにあります。無くしたことはなくて、車に置きっぱなしだったり、見に覚えのない引き出しに入ってたりします。

その都度、ドキドキして探しているので。今回購入したAirTagをお財布の小銭入れに入れておくことにしました。

子供のバッグに

長男が中学生になって、自転車で一人でサッカーの練習場に向かうようになりました。

スマホはまだ持たせていないため、練習の行き帰りは連絡が取れません。

今回購入したAirTagを、練習バックの中に入れておきました。これなら、どこにいるのかすぐに分かるので安心です。

世のiPhone網で位置を把握する

AirTag自体に通信機能やGPSが備わっているわけではありません。

近くにある誰かのiPhoneが反応して、位置を教えてくれているとのこと。

iPhoneは日本で一番売れているスマートフォンなので、こういう芸当ができるのでしょう。

一つ3,800円。4つで12,800円。iPhoneユーザーは購入して損はないと思います。

今日のわかった

もうちょっとサイズが小さいと、もっと使い勝手が良くなるのですが。今後に期待ですね。

iPhone
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました