WordPressで間違って「公開ボタン」をクリックしない工夫

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

WordPress_toukou2

先日の記事を書き終わって、さて「下書きとして保存」ボタンをクリックしようとしたら、勘違いして「公開ボタン」を押してしまいました。Googleリーダーには全文配信されてしまって、あらら…な事態に。

「下書きとして保存」と「プレビュー」、そして「公開」ボタンが近すぎるのです。今後も必ず間違いが起こると思ったので、対策を考えてみました。

スポンサーリンク

ボタンの距離を離す

本当は公開ボタンを押すと、確認ダイアログが出るような仕組みを考えたかったのですが、プラグインやシステムの知識に乏しいため、簡単に対策をしてみました。

投稿画面にCSSファイルを追加して、公開ボタンの位置を、かなり下にしてみました。完全な対策とはいえませんが、うっかりミスはかなり減るはずです。

function.phpファイルに下記の記述を追加します。

<?php

//cssファイル追加

function admin_css() {
    echo '<link rel="stylesheet" type="text/css" href="'.get_bloginfo("template_directory").'/admin.css">';
}
add_action('admin_head', 'admin_css');


?>

次に、admin.cssファイルを新しく作って、下記の記述を追加します

div#publishing-action input.button-primary{

    margin-top:400px;

}

function.phpとadmin.cssファイルをテーマフォルダに保存すれば終了です。

WordPress_toukou2

こんな感じの表示になります。CSSファイル内のmargin-top:400px の値は、お好みに応じて変更してください。PCの環境によっては、もっと離したほうが確実な場合もあるかと思います。

同じような失敗の経験のある方は、ぜひお試しください。

今日のわかった

プラグインを作れる方は、ぜひ作ってくださいー!私もプラグインの作り方を勉強してみよう。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です