学べる!!ニュースショー!

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

テレ朝系列の火曜日夜7時からの、「学べる!!ニュースショー!」を、毎週楽しみに待っていました。

世の中の気になるニュースの中身を、池上彰さんの丁寧な説明で教えてくれる番組です。

それが、先日の9/8のスペシャル放送で終わってしまったとのこと!

ニュースの内容だけでなく、池上彰さんの説明術もかなり勉強になっていたので、すごく残念です。

スポンサーリンク

池上彰さんとは

もともとNHKの記者で、NHKニュースキャスターに抜擢されたのち、「週間こどもニュース」に出演し、お父さん役として、子供達にニュースを分かりやすく説明していたそうです。

説明が上手いわけですよね。

さっそく、池上さんが最近出版された著書を読んでみました。

池上さんが実践している、わかりやすい説明のノウハウがまとめられています。

powerd by Amazon360

※2009.9.9現在、アマゾンでは在庫切れだそうです。売れていますね~。

分かりやすい記事とは

特に「リード」については、かなり参考になりました。

テレビニュースの原稿や、新聞記事の流れは、「見出し」⇒「リード(要約)」⇒「詳細」になっているそうです。

最初のリード部で、話の要約を伝えておけば、相手も安心して話を追えるわけです。

ニュースの原稿や新聞記事は、後ろの文章を削っても読めるように書くそうです。ニュースや新聞は、急な差し替えが多いからです。

つまり、リードには、ニュースの核心が詰まっている必要があるわけで、ニュースの本質をつかんでいないと、良いリードは書けないということです。

新聞社やテレビ局の記者は、良いリードを書く能力を徹底的に鍛えられるそうです。

うーむ、なるほど。

当ブログの記事は、「主文部(main)」と「追記部(more)」に分かれています。

私も、「主文部(main)」の文章は、リードをイメージして書いています。最初だけ読めば、ブログの内容が大体分かるようにしたいなと。

モノにできるよう、頑張ります!

目指したい人

「学べる!!ニュースショー!」の池上彰さんの話を聞いたとき、「あーこの人みたいに、分かりやすく話ができなたらな~」と心底思いました。

自分を高めていくには、目標を掲げて目指すよりも、尊敬できる人を見つけて、真似をしたほうが簡単で効果的だという話を聞いたことがあります。

調べたとこと、私は完全な右脳人間なのだそうです。確かに人に説明するときは、擬音やジェスチャーをフル活用して、イメージ優先で話すことが多い気がしますw

右脳・左脳のおもしろ診断

池上さんを意識して話すことができれば、ちょっとは話が分かりやすくなるかもしれません。

自分よがりな考えをぶつけるだけではなく、相手が何を知りたがっているのかを把握した上で、丁寧に分かりやすく説明できる能力を身につけたいです。

今日のわかった

あと、池上さんは「たとえ」がすごく上手い人でした。
分かりやすい説明に、たとえは必須ですよね。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. 瑠奈 より:

    はじめまして。瑠奈と言います。
    私も学べる!!ニュースショー!が大好きだったので
    終わってしまって残念です。
    池上さんの説明は本当にわかりやすくて
    どうやればあんな風に話せるようになるのか
    知りたいもんです。
    私はかなり話すのも書くのも苦手なので(^^;
    かん吉さんの文章、とてもわかりやすいです。
    お手本にして頑張ります♪

  2. かん吉 より:

    >瑠奈さん
    ニュースショーはすごく残念でしたね。

    >かん吉さんの文章、とてもわかりやすいです。
    ありがとうございます。最近の記事はかなり時間をかけて書いている成果が出たかな?おかしいところは後からどんどん推敲を行っていますので。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です