証明写真を安く撮る方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

証明写真を撮影しに、近所の証明写真ボックスへ向かいました。コーチ資格を取得することになり、認定書用の写真が1枚必要になったのです。

ところが、800円もするではありませんか。免許書やパスポートのようにしっかり撮れている必要はないので、ちょっと高いなと思いまいた。

何か他に手はないかな?と調べてみたところ、スマホで撮影して、コンビニでプリントアウトする方法を見つけました。

スポンサーリンク

ピクチャン

今回利用したのは、ピクチャンというサービスです。顔写真データをアップロードすると、コンビニにデータが送られて、プリントアウトできるというものです。1枚200円です。スマホだけでなくPCからも利用できます。

サイズは各書類によって選べます。今回は30mm×25mmを選択。

顔の大きさや位置を調整して、でき上がりを確認。あとは、最後に表示された番号を、コンビニのプリンターに入力してお金を入れれば、1-2分でプリントが出来上がります。

コンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスが対応しています。おそらく近所にどこかはあるでしょう。

知っているだけで600円の節約

証明写真のボックスは、街中のいたるところにあります。単価が高いですし、おそらく結構美味しいビジネスなのだと思います。しかし、全部が高品質の写真である必要はないわけです。そこそこの品質で良いのであれば、コンビニで十分です。

とはいえ、コンビニプリントの存在はまだ知られていなさそうです。知っていれば、無駄なお金を払う必要はなくなります。知識イズマネーですね。

今日のわかった

ネット銀行の口座を作る際に、免許書のコピーを郵送する代わりに、スマホのカメラで券面を撮影するだけでOKになりましたね。

カメラ付きのスマホを活用した面白いビジネスアイデアは、まだありそうです。意識して探してみたいです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です