ドライバーのスイング矯正に 「ドライバット」

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ゴルフのスイングは、一番スムーズな軌道で振れば、安定します。

しかし、スムーズな軌道は人それぞれです。なぜなら、骨格や体の柔らかさなどが、人によって異なるからです。

自分に合ったスイングを見つけるにはどうすれば良いのでしょう?

その方法の一つとして、「ドライバット」をお勧めします。

スポンサーリンク

重いものを振ると矯正される

ドライバットは、「ドライバー+バット」。バットにゴルフのグリップをつけたものです。

ゴルフクラブより、かなり重くできています。無理なフォームや軌道では振れません。

自然と、自分に合ったスイングになっていきます。

カット打ちがインサイドに

私の場合は、スイングプレーンよりヘッドが外から入ってくる「カット打ち」の傾向がありました。

ドライバットを振ると、カット打ちのスイングは無理があってできません。自然と、スイングプレーンに沿った軌道になります。

トップでのクラブヘッドの位置が、今までよりも下がり、横振りになりました。

ヘッドスピードが上がり、飛距離が伸びています。

ドライバーだけでなく、アイアンも

基本的にドライバーの練習用ですが、アイアンにも好影響が出ています。

カット打ちが矯正されたため、アイアンも当たるようになりました。

以前はロングアイアンが全く当たらなかったのですが、5Iと6Iを振れるようになりました。

今日のわかった

悩めるゴルファーさんに、ぜひお勧めします。練習前やラウンド前に振ると良いようです。

もっと早く買っていれば!と思います。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です