ブログパーツ配布が、Googleにスパム扱いされる可能性について

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_2618

当ブログで配布していた「あわせて読みたいウィジット」がSEOスパムになっている可能性があるため差し替えをお願いします

の記事で、弊ブログの記事に言及がありました。

私もブログパーツサービスを運営しているので、今回の問題について考えてみました。

本件には、2つの注目点があります。

スポンサーリンク

1)javascriptで書きだしたコード内のリンクも、被リンク扱いとなっている

最近のGoogleは、Javascriptによる表示を読めると言われています。

javascriptで表示しているリンクも、リンクジュースを渡してしまいます。リンクジュースを渡したくなければ、rel=”nofollow”を付与する対策が必要です。

2)rel=”nofollow”を入れてもリンクスパム認定される可能性があること

こちらについては半信半疑です。Google側から、ウィジット等クレジットリンクにはrel=”nofollow”を付与するようコメントが出ているからです。

太陽がまぶしかったらさんの検索エンジンからの流入減少は、別の原因である可能性もあります。

とはいえ、可能性は無いとも言い切れません。ウィジットを配布する際は、配布用のドメインを取得して、そちらにクレジットリンクを向けた方が無難でしょう。

私が配布しているブログパーツは、独自ドメインで運営しています。

▼▼▼▼

今回の件は、パーツを配布する側のブログのアクセスが減少してしまったことが問題で、ブログパーツを利用する側には問題は発生していないようです。

利用する側は心配しなくてよいでしょう。

今日のわかった

ブログパーツ配布は利他の精神で行わないとです。少しでも色気を出すと、スパム扱いされてしまいそう><

ウチのブログパーツも、クレジットリンクを外すことも含めて検討していきたいです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です