網戸を簡単に修理する方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_3014

夏は網戸が生命線です。網戸が破れていると、蚊などの虫が部屋の中に入ってきてしまいます。

子供たちが網戸を蹴っ飛ばしたりして、網が破れないにしても、ゴムチューブで張ってある部分が外れてしまうことが良くあります。

網戸の修理業者を呼んで直してもらっていたのですが、キリがありません。そこで網戸を簡単に修理できる便利な道具を見つけました。


自分の手で網戸のチューブを押し込んで修理できる場合もあるのですが、素手だと均一に押し込むことができず、上手くいきません。

DSC_3009

DSC_3010

そこで便利な道具がありました。ツインローラーNWという、網戸修理専用の治具です。

DSC_3012

DSC_3011

ローラーには、網戸のゴムチューブの径と合うような溝が切ってあります。二つのローラーの径は大小違い、網戸のチューブに合わせて使いわけます。

ローラーをチューブに押し付けるように転がすと、均一にゴムチューブを押し込むことができます。

DSC_3019

DSC_3018

このように外れた網戸を外側に引っ張りながらローラーを押し付けていくと、網を上手く張る事ができます。

業者に修理を頼むと、毎回3千円くらいかかります。ツインローラーは500円くらいで購入できますので、一家に一つ用意しておくと便利でしょう。網戸が壊れているのであれば、このお盆休み中にぜひ修理を!

今日のわかった

「網戸 修理」で検索して、この便利なツールの存在をしりました。アマゾンで注文したら次の日ローラーが届いて、すぐに修理ができました。世の中便利なりました。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です