ブログSSL化でトラブル 「WP Fastest Cache」が原因

一週間ほど前に当ブログをSSL化しました。

作業後、色々チェックをして問題ないと思っていたのですが、約4日後に、とんでもないトラブルが起きていることが判明しました。

なぜか、ブログ内のページが、キャッシュファイルにリダイレクトされていたのです。

Googleもキャッシュファイルの方をインデックスし始めていて、顔面蒼白になりました。

なぜかキャッシュファイルへリダイレクト

Googleアナリティクスの画面を見ると、見慣れないURLが。「/wp-content/cache/all/〜」というファイルにアクセスされてます。

このファイルは、プラグイン「WP Fastest Cache」で生成されたファイルでした。

何が起きているのかわからず、混乱しました。そして、色々調べてみると、Googleにも、キャッシュファイルの方がインデックスされ始めていることが判明。

さすがに、私もパニックになりました。

プラグイン「Redirection」で早急の対応

深呼吸をして、落ち着いて観察すると、

www.wakatta-blog.com/hogehoge.html

というページは、

www.wakatta-blog.com/wp-content/cache/all/hogehoge.html/index.html

というキャッシュファイルにリダイレクトされています。

まず、WP Fastest Cacheを停止。

そして、リダイレクトに規則性があるので、プラグイン「Redirection」に、

という正規表現を追加して、キャッシュファイルへのアクセスの全てを、元のページへリダイレクトすることができました。

4日後に調べると、Googleのインデックスも元のURLに戻ってきました。

根本的な対処は後ほど

さて、今回の原因はなんだったのでしょうか?

WP Fastest Cacheプラグインが悪さをしていることは明らかです。

バージョンも最新版が0.9.0.4なのに対し、0.8.9.5と更新を忘れていたのが原因でしょうか。

調べてみると、SSL化の際、WP Fastest Cacheがトラブるケースが散見されています。

SSL化した時のリダイレクトで出るwp-content/cache/all/index.html問題で紹介されている、.htaccsessファイルへの追記が、本命だと思うのですが。

サーバー負荷減のために、キャッシュは利用したいのですが、とりあえず、現在はGoogleのインデックスが全て戻るまで様子見です。

WP Fastest Cacheをご利用の方は、ご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました