シャロースイングの練習方法

プロジェクト89と称して、ゴルフ80台を目指して日々練習をしています。

100を打つことは少なくなりましたが、90台後半のスコアにとどまっています。

そこで、スイングを根本的に治すために、「シャロースイング」を取り入れることにしました。

カット打ちがひどくなった

自粛期間中に取り組んだのが、「クォーター理論」でした。S1〜S2スイングは理解でき、特にアプローチとパターは自分でも上達したと思います。

ところが、S3スイングがイマイチしっくりこない。「手打ちをしろ」ということなのですが、私は元々カット打ちなので、腕で振りに行くことで、カット打ちがひどくなってしまいました。

カット打ちを治そうと、ビデオ撮影をしながら色々なスイングを試してみました。

素振りでは問題ないのですが、ボールを打つと、どうしてもヘッドがカットに入ってしまいます。

カット打ちを撲滅する

そんなとき、Youtubeで片山晋呉プロの動画を見ました。

カット打ちのゴルゴ松本さんをレッスンする動画です。

この動画で、「トップの切り返しで、腕で振りに行くと、カット打ちになる」ことを知りました。そして、一度身に染み付いてしまうと、非常に治しにくいとのこと。

長い時間をかけても良いので、「カット打ち」を撲滅しないと、これ以上ゴルフは上手くならないと覚悟しました。

極端な矯正スイング

カット打ちを撲滅する方法を探していたところ、とあるレッスンプロの動画を発見しました。

この動画では、「ムーンサルトスイング」というスイングが紹介されています。クラブを大きな円を描くようにスイングします。

実際に真似してみると、まともに振れません。「ここまで極端なスイングをしないと、カット打ちは治らない」 そう理解しました。

次に発見したのが、井上透プロの動画。

カット打ちを矯正するドリルが紹介されていました。トップでクラブを3回回してからそのままスイングします。

このスイングも、最初はまともに振れませんでした。

次第にスムーズに振れるように

それでも、朝昼晩、毎日20回ずつくらい素振りをしていると、次第にスムーズに振れるようになってきました。

河原の空き地で、15yくらいのアプローチを打ってみたところ、これまで感じたことが無い当たりを感じました。

スイングは小さいのに、1.5倍くらい飛びました。アプローチショットでも、カットに打っていたのでしょう。

当てに行かないスイングを身につける

フルスイングはまだ上手く当たりません。でもこれで正解だそうです。

当てに行ってしまうと、カット打ちに戻ってしまいます。

自宅での素振りを繰り返して、週に1-2回ほど練習場で打ってみる。それをしばらく繰り返したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました