AWS CloudFrontの外部SSL証明書の更新でつまづいた

運営しているサービスで、AmazonのCloudFrontを利用しています。

gogetsslで購入したSSL証明書を利用しているのですが、期限が迫ってきて更新する必要がありました。

最近はACM(AWS Certificate Manager)があるので、証明書のインストールは簡単になったのですが、CloudFrontの設定画面で切り替えるのに1時間ほど行ったり来てしまったのでメモ。

SSL証明書は簡単にインストール可能

以前は、SSL証明書のインストールは、AWS CLIというコマンドラインを利用する必要があり、わかりにくかったです。

最近は、ACM(AWS Certificate Manager)で、ウェブ上で視覚的に行なえます。

AWS Certificate Manager (ACM)にインポートしたSSL/TLS証明書の更新方法について」を参考に、ACMコンソールr上から、簡単に完了しました。

新しいSSL証明書が表示されない

その後、CloudFrontに移動して、SSL証明書を新しいものに切り替えようとしても、新しい証明書が選択肢に表示されません。ページを更新しても変わらず。

しばらく、行ったり来たりで迷走してしまいました。

新しいSSL証明書を表示する方法

最終的には、SSL証明書の入力欄内をクリック⇒「Custom SSL Certificate (example.com)」をクリックすると、フォーム内が空欄になります。

その状態で、一度他のエリアをクリックした後、再び入力欄をクリックすると、新しい証明書が現れて、選択できるようになりました。

1時間くらい迷ったので。もし同じように悩んでいる方がいれば、お試しを!

【参考】

コメント

タイトルとURLをコピーしました