【プロジェクト89】目指せゴルフ80台

ゴルフを始めてから10年。4年前の2016年にベスグロ91で回ってから、ベストスコアを更新できません。

いい加減にベストを更新したいと思い、「プロジェクト89」と称して、90切りを真剣に目指したいと思います。

自宅でパターと5yアプローチを毎日練習

自粛期間中は練習場に行けず、自宅でできる練習を続けていました。

とにかくまっすぐに転がるパターと、5yのアプローチを徹底的に行い、グリーン周りのショートプレーに自信が出てきました。

【ゴルフ】自粛期間中にパターとアプローチを徹底練習

「しゃくり」スイングで、アイアン、UTを克服

アプローチの延長でアイアンも振っていたのですが、どうしても右に出てしまいます。

よく考えると当たり前の話です。アプローチショットは手首を固定するため、小さく振るならまっすぐ打てますが、大きくスイングすると、フェース面が開いてしまうのです。

そこで、アームローテーションを取り入れたスイングを試してみると、思いの外良い当たりをすることが判明。

ダウンスイング開始直後から積極的に手首をシャクっていきます。いわゆる手打ちというか、払い打つ感じ。

アイアンだけでなく、ユーティリティやフェアウェイウッドも当たります。こちらはソールがあるため、払いうちに向いています。

これまで目指していたものとは全く逆ですが、そっちの方が当たるので、事実を受け入れました。

桑田泉プロの「クオーター理論」を参考にしました。

ドライバーだけが未完成

ドライバーだけは、まだ未完成です。

しかし、この「しゃくり」スイングに答えがあると信じています。200yは安定して飛ぶスイングを獲得したいです。

現在は、あまり余計なことをせず、頭を残して、コンパクトに腕だけでスイングしていく感じで振っています。

各クラブの共通項

  • 下半身をガッチリ固定
  • 脇を締める
  • 肩で上げていく
  • 頭を残す
  • ボールの右を打つ(ソールを滑らす)
  • シャフトの角度なりに、しゃくる

パターからドライバーまで、同じ感覚でスイングするため、再現性が高いです。

特に「下半身」が重要です。膝が動きすぎると、短いアプローチでもシャンクが出ます。

棒立ちに近い姿勢が良いようです。

ただ、体が固くて、膝を伸ばしながらのスイングがキツイので、毎日ストレッチします。

コースマネジメント

完璧ではありませんが、

  • 確度の高いパターとアプローチ
  • そこそこ当たるアイアン、UT
  • 飛ばないがOBしないドライバー(予定。まだ手に入れてない)

この3つの武器を利用して、80台達成を目指したいと思っています。

まず、ドライバーとUTで合わせて340yほど打ちます。パー5では480yほど。

すると、パー4の3打目は残り30-70yほど。52°のウェッジでカバーできます。短いホールなら、パーオンも狙えます。

40yまでなら、20y打てばピッチエンドランでベタピンからのパーが狙えます。多少トラブってもボギー。パー5も同じです。

つまり、ドライバーとUT(かFW)で、なるべくグリーンに接近して、自宅でもしっかり練習できるアプローチ&パター勝負に持ち込みたいわけです。

シンプルイズベスト

とにかく考えることを少なくして、シンプルにゴルフをしたいです。

アイアンとUTでスイングを変えたりしたくない。現在はドライバー以外は同じ感覚で振れているので、もう一歩のところまで来ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました