ナイキ厚底シューズを一般ランナーが履くとどうなるか?

東京オリンピックで使用が認められた、ナイキ厚底シューズ。

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%icon

トップ選手だけでなく、胸を撫で下ろした、一般ランナーも多かったのではないでしょうか。私もその一人です。

昨年、旧型のヴェイパーフライを履いてサブスリーを達成しました。規格違反のシューズのおかげだと言われるのは残念なので、今回の発表でホッとしました。

あなたの知らない、お得セール情報 わかりにくいAmazonのセール情報まとめ

厚底シューズはランナーを引っ張る

私は2019年の春に、静岡マラソン古河はなももマラソンの2レースで、旧型のヴェイパーフライを履いて出場しました。

  • 静岡マラソン 2:58’38
  • 古河はなもも 3:07’39

静岡マラソンは初サブスリー。古河はビデオ撮影しながら走りました。それでも3時間10分を切っています。

それまでの自己ベストは、3ヶ月前のつくばマラソンで3:01’04。あと一分少々のところまで来ていたので、そのまま薄型シューズで走っていても、サブスリーできたのかもしれません。

静岡マラソンは、前半のペースは予定より5秒/km速かったですし、後半もいつも以上に粘れました。厚底シューズでぶっつけ本番でしたが、上手く走れたと思います。

厚底シューズに引っ張ってもらえたという印象があります。

厚底シューズはランニングフォームを変える

さて、このナイキ厚底シューズを、一般ランナーが履くと、誰でも速く走れるのでしょうか?

個人的な印象としては、ただ履くだけではダメで、シューズに合わせてランニングフォームを調整する必要があると感じました。

シューズの性能に助けてもらうだけでなく、ランニングフォームをより高速向きに矯正していく効果の方が大きいと思います。

実際に、最初に履いて走ったときは、かかとのクッションがスカスカで、前に進みにくかったです。

自分には履きこなせない。購入して損したかなと思いました。

しかし、練習しているうちに、一番進みやすい走り方が分かってきます。かかと着地だと走りにくいので、着地を少し前に意識すると、程よく走れるようになりました。

それでも、走りは不安定。42km持つとは思えず、前日の夜まで投入を迷ったくらいです。厚底を履いている知人にメールしまくって、履くことを決断しました。

いきなり走らず、徐々に慣らす

厚底シューズを履いて、いきなり10km走ったりするのはやめておいた方が良いです。

使う筋肉が変わってくるので、思わぬ怪我をする可能性もあります。

靴の耐久性が低いので、もったいないという話もあります。初期モデルは160kmと言われていました。

まず厚底で1kmほど走って感覚を掴んで、その後元のシューズに履き替えて、感覚が残った状態で走ると良いと思います。

厚底シューズは主にふくらはぎの負担をへらす

厚底シューズの研究は進んでいます。先日のNHKニュースで、順天堂大学の研究結果が紹介されていました。

従来のシューズよりも、ふくらはぎの筋肉への負荷が減るとのこと。

マラソンは、ふくらはぎの筋力をいかに使わず走れるかが重要です。私もふくらはぎの痙攣には悩まされてきたので、厚底シューズがふくらはぎを使わない走りをサポートしてくれるのであれば、タイムが向上するのは納得できます。

実際、私も静岡マラソンでは、30kmからふくらはぎが攣り始めましたが、残り12kmを押し切ることができました。ふくらはぎの筋肉をサポートしてくれたのでしょう。

厚底シューズは自然な進化

トラック競技のシューズにはスパイクが付いています。棒高跳びの棒は、現在はカーボンですが、昔は竹だったとか。

新しいアイデアや材質のサポートにより、陸上競技は進化してきました。今回の変化もその範疇だと思います。

今回発表された新しい規制は、靴底の厚さは40mm以下、プレートは1枚までということです。

ナイキが現在開発中のアルファフライは42mmあり、プレートも2枚入っているということなので、これは無理でしょうね。さすがにやりすぎ感があります。

引用:How Eliud Kipchoge and the Nike AlphaFly Made History

繰り返しになりますが、厚底シューズによる一番の効果は、自分のランニングフォームが変わることだと思います。

ちなみに、廉価版のズームフライは、プレートは入ってますが、かかとのクッション材が違うので、ヴェイパーフライとは別物だと考えたほうが良いでしょう。

一般ランナーも、ぜひチャレンジしてみて欲しいです。自分の走りを変えるチャンスになると思います。

【公式】 ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%
icon

コメント

  1. 大山賢太郎 より:

    今話題のNikeの厚底シューズについての実体験を楽しく読まさせていただきました。とても参考になりました。ご自身の結果が、どれくらい変わったのかもわかるともっとよかったです。今後のNikeの走りがどう変わっていくか楽しみにしております。それでは。

    • かん吉 より:

      コメントありがとうございます。記事にも書きましたが、つくばマラソンで3時間1分4秒。3ヶ月後の静岡マラソンで2時間58分38秒なので、タイム短縮は2分26秒。1.34%の短縮でした。その間のトレーニングの効果もあったと思うので。すべてがシューズのおかげとは言い切れませんが。

タイトルとURLをコピーしました