子供がオルソケラトロジーで視力回復

小学生の長男がオルソケラトロジーを始めて、1年経過しました。

0.5以下だった視力は1.5まで回復し、眼鏡なしで勉強し、サッカーを楽しんでいます。

もし、子供の視力低下で悩んでいるご家庭があれば、オルソケラトロジーの導入を検討を強くお勧めします。

スポンサーリンク

サッカーで眼鏡は厳しい

長男の視力が急激に低下しました。私自身が強い近眼なので、遺伝もあると思います。

スポーツ用の眼鏡もあるのですが、水泳のゴーグルのような形状で、視野が狭くなりそうです。

そしてなにより、眼鏡は近眼が進行しやすいという実感があり、できれば眼鏡はかけさせたくないという思いがありました。

オルソケラトロジーの原理

そこで、ふと「オルソケラトロジー」を思い出しました。近眼については、私自身も困っているため日頃からよく調べています。

レーシックは角膜の厚みが足りずダメでしたが、オルソケラトロジーという方法があることは知っていました。

就寝中に、ハードコンタクトレンズを装着して、角膜の形状を矯正して、視力を確保する方法です。

手術が必要なく、合わなければ装着をやめれば元に戻るため、リスクが小さいです。

0.1くらいまでなら、視力を矯正できますが、それ以上進行していると難しいとのこと。

自分自身がハードコンタクトレンズの愛用者

私自身は近眼に加え強い乱視を持っていて、ハードコンタクトレンズにより、眼球の形を矯正して、乱視を抑え込んでいます。

ハードコンタクトレンズはあれこれ30年ほど愛用していて、レンズの脱着は生活の一部になっています。

これまでの経験から、慣れれば子供でも十分に使いこなせると思い、長男にオルソケラトロジーを勧めました。

費用は?

決して安くはありません。初期投資として15万円ほどかかります。

その後も洗浄液などのメンテナンス費用は多少かかりますが、

しかし、眼鏡やコンタクトレンズ、レーシックでもお金はかかりますし、何より日中裸眼で過ごせるのは快適です。

特にスポーツをしている方は、お金に代えられない大きなメリットになります。プライスレスです。

近眼に悩む方は、検討してみてはいかがでしょうか?

【参考】 オルソケラトロジーについて

今日のわかった

子供の方が角膜が柔らかく、矯正の効果が出やすいそうです。視力低下の進行を抑える効果もあると言われているのも魅力です。

健康 子育て
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました