WordPressで更新・お知らせ履歴を別ページで作る方法【大幅刷新】

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_2618

WordPressで、更新履歴やお知らせ履歴をリスト表示したシンプルな別ページを作って、トップページやサイドバーからiFrameやphpのinclude等で呼び出したいケースがあります。

方法は色々ありそうです。私がクライアントさんのサイトで行った方法を紹介します。

※当初はExec-PHPプラグインを利用した方法を紹介していたのですが、セキュリティ的に問題があるということで、ショートコードを利用した方法に変えました。http://memo.dogmap.jp/さん、情報ありがとうございます(2013/7/10)

スポンサーリンク

固定ページを利用する

私が実施した方法は、固定ページ内に更新履歴やお知らせ履歴のループをショートコードで書いてしまう方法です。ショートコードを利用すれば、固定ページの記事内でPHPを動かすことができます。

そして、固定ページはページ毎にテーマを変えられます。リストだけを表示するシンプルなテーマを当てます。

別ページで更新履歴をつくる

「更新履歴」という名前の固定ページを作成して、スラッグを例えば「news」とします。スラッグはタイトル下のパーマリンクの「編集」ボタンを押せば変更が可能です。
ートコードを用意します。今回情報を頂いたhttp://memo.dogmap.jp/さんで紹介されているコードを利用しました。

こちらの記事を参照して、function.phpに記述してください。

page-news.php という本固定ページ専用のテーマファイルを作り、アップロードします。
中身はこんな感じで、シンプルに。

<html>
<head>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
</head>
<body bgcolor="#ffffff" style="padding:10px;font-size:12px;">
<?php if (have_posts()):
while(have_posts()): the_post(); ?>
<?php the_content(); ?>
<?php endwhile; endif; ?>
</body>
</html>

そして最後に、固定ページ「更新履歴」に

[news]

とショートコード[news]を記述します。

固定ページにアクセスすれば、リストが表示されるはずです。

別ページでお知らせ履歴をつくる

通常の記事とは別に、お知らせ的なものを表示させたい場合があります。「カスタム投稿タイプ」で、通常の記事とは別の投稿タイプを作ると分かりやすいです。

webdesignrecipesさんの カスタム投稿タイプを使ってみようを参考に作業を進めました。

今回は「お知らせ」の履歴を表示させたかったので、「お知らせ」という名前のカスタム投稿タイプを設定します。下記のようなコードをfunction.phpに書き込みます。

<?php
/* カスタム投稿タイプの追加 */
add_action( 'init', 'create_post_type' );
function create_post_type() {
register_post_type( 'notice', /* post-type */
array(
'labels' => array(
'name' => __( 'お知らせ' ),
'singular_name' => __( 'お知らせ' )
),
'public' => true,
'menu_position' =>5,
)
);
}
?>

すると、管理画面の左サイドバーに「お知らせ」という項目が追加されます。普通の記事や固定ページと同じように更新できます。

9233426359_6647504d12_o

今回は別ページで表示させたいので、更新履歴と同じように固定ページを利用します。「お知らせ」という名前の固定ページを作成して、スラッグを「notice」に変更します。

ショートコードを用意します。function.php内に、下記のコードを記述します。

add_shortcode('notice', 'my_notice');
function my_notice($atts) {
extract(shortcode_atts(array(
'offset' => 0,
), $atts));
$the_list = '';
// 最新のポスト取得
$loop = new WP_Query( array( 'post_type' => 'news', 'posts_per_page' => 10 ,'offset' => $offset));
while ( $loop->have_posts() ) : $loop->the_post();
$the_list = apply_filters('the_content', get_the_content());
$the_list = str_replace(']]>', ']]>', $the_list);    
endwhile;
wp_reset_query();
return $the_list;
}

「お知らせ」固定ページの記事内には、ショートコード[notice]を書き込みます。

[notice]

固定ページに専用テーマを当てます。page-notice.phpというテーマファイルを作成して、更新履歴と同じようなコードを書いて、アップロードしてください。

<html>
<head>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
</head>
<body bgcolor="#ffffff" style="padding:10px;font-size:12px;">
<?php if (have_posts()):
while(have_posts()): the_post(); ?>
<?php the_content(); ?>
<?php endwhile; endif; ?>
</body>
</html>

カスタム投稿タイプの個別ページは、固定ページのテーマpage.phpが適用されます。但し、一度パーマリンク設定を保存し直さないと、うまくページが表示されないようです。こちらの記事が参考になります。

wordpress: カスタム投稿タイプが表示されない

▼▼▼▼

以上です。もっとシンプルな方法があるのかもしれません。

知っている方が居ましたら、ぜひ教えて下さい!

今日のわかった

Movabletypeと同等のことを、ようやくWordPressでも実現できるようになってきました。

WordPressは無料で商用利用もOKなので、重宝しています。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です