WordPressで重複コンテンツ防止する方法 カテゴリーページの場合

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_5904

WordPressのカテゴリーページでは、子カテゴリーの記事も親カテゴリーの記事リストに表示されてしまいます。この仕様が重複コンテンツを作ってしまいやすいのです。

子カテゴリーの記事が親カテゴリーのリストに表示されないようにするTipsなど、カテゴリーページの重複化を防ぐ方法を紹介します。

スポンサーリンク

なぜ重複コンテンツになるのか

例えば、「東京」という親カテゴリーの下に「渋谷」という子カテゴリーがあるとします。

渋谷カテゴリーに多くの記事をポストしてしまうと、東京カテゴリーに、渋谷カテゴリーの記事のリストが同じように掲載されてしまい、重複コンテンツと認識される可能性があるのです。

自分では意識していなくても、勝手にそうなってしまうので。注意が必要です。

子カテゴリー記事を削除するコード

テーマ内のカテゴリーページの表示をするファイル(index.php、category.phpなど)を編集します。

<?php if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post(); ?>

上記のようなループの前に、下記のコードをコピペします。

<?php	
if (is_category()) {
    $current_cat = get_query_var('cat');
    if ($children = get_categories('child_of='.$current_cat)) {
        $exclude = array();
        foreach ($children as $child)
            $exclude[] = $child->term_id;
            query_posts(array('cat'=>$current_cat, 'category__not_in' => $exclude));
    }
}	
?>

これで、子カテゴリーの記事が親カテゴリーページに表示されることはなくなります。

カテゴリーの説明文をしっかり書く

カテゴリーの説明文をしっかり書きましょう。読者側としてもカテゴリーの説明が書いてあると、分かりやすいです。コンテンツの重複だけでなく、コンテンツファーム対策にもなります。

カテゴリーページをジャンル別の子ブログトップページと考えると、良いと思います。

一記事一カテゴリーが基本

一つの記事を複数のカテゴリーに入れたい気持ちは分かりますが、重複コンテンツの原因になります。

カテゴリーは多くても2つくらいまでにしておきたいです。多くのカテゴリーに属するということは、記事のテーマが絞り込めていなかったり、無駄なカテゴリーが多いことの裏返しです。

私はタグは利用していません。カテゴリーとの違いが良く理解できていないことと、重複コンテンツを避けるためです。もし利用したいのであれば、noindexをメタタグで設定したほうが無難だと感じます。

以上、参考になれば幸いです。

※重複コンテンツ対策にnofollowの指定は必要ないということで修正しました。参考:nofollow属性をリンクに付けるのはどんなとき?
@web_shufuさんご指摘ありがとうございます。

今日のわかった

Movabletypeは、子カテゴリーの記事を親カテゴリーの記事リストに含めることはありませんでした。

当ブログはMovabletypeから引っ越しました。ほぼ完璧に移管できたと思ったら、このカテゴリーページの記事リストの仕様が違っていたので対策しました。

この仕様はWordPress側で修正したほうが良いと思っています。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です