WordPressの過去記事コメントフォームを、一括して「有効」にする方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

当ブログのコメントフォームを開放しました。現在は誰でも匿名でコメントできるようになっています。過去記事についてもすべて有効になっています。

過去記事のコメントを一括して有効にするには、工夫が必要です。データベースを直接変更する方法ではなく、WordPressの管理画面で行う方法を紹介します。

スポンサーリンク

データベース操作に自信がない方向け

WordPressの過去記事コメントフォームを、一括して有効にする方法を調べてみると、データベースを直接編集するものがほとんどでした。

【参考】WordPressのコメントやトラックバックを全記事一括でオープン/クローズする方法

詳しい方なら良いですけど、得意でない方にはハードルが高いです。WordPressの管理画面上で、正規の機能で有効にする方法を考えてみました。

WordPress管理画面から行う方法

まず投稿一覧を開き、右上の「表示オプション」をクリックします。「ページごとに表示する項目数」を増やします。私は100にしました。すると、投稿一覧の記事数が、1ページあたり100記事となります。

投稿一覧リストの左上の「タイトル」の左側のチェックボックスをチェックします。すると、全記事が選択されます。「一括操作」から「編集」に変更して、「適用」をクリックします。

すると、コメントの状態を編集できるようになりますので、「許可する」にします。「更新」ボタンをクリックすれば、100記事まとめてコメントを有効にできます。

もし1,000記事あるのであれば、同じ作業を10回繰り返せば完了です。私は2,300記事以上あったので、テレビを観ながら23回行いました。

200記事に設定すれば、200記事まとめて編集できます。しかし、記事数を多くすると、サーバー側のタイムアウトにひっかかる可能性があります。お使いのサーバーのスペックに応じて調整してください。

▼▼▼▼

データベースを直接編集したほうが、あっという間に終わります。技術のある方や、記事数が非常に多い方は、そちらの方法の方がよいでしょう。

今日のわかった

コメント欄を全部開放してしまいました……。どんなコメントが来るか、ドキドキしています。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です