書籍出版後、一ヶ月間に起きた出来事まとめ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

人気ブロガー本「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」出版からちょうど一か月経ちました。

私にとって、本格的な商業出版は初めてということで、「本当に読んでもらえるのだろうか?」と不安に感じていたのですが、出版直後から多くの人に読んでもらえました。

夢のような時間でした。感謝の言葉しかないです。本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

出版直後にAmazon在庫切れ

発売日数日前からAmazonランキングが上がり始めて、ちょっと嫌な予感はしていたのですが、発売と同時に在庫切れになってしまいました。

ちょうど10/8-10/10の三連休で、スタートダッシュは躓きたくないと思い、Amazonのカスタマーサービスにも連絡。初日10/10の午後15時頃に在庫切れは解除されました。

今思うと、もし在庫切れが週明けまで続いていたら、その後の展開が違ったのかも。運が良かったです。

人気ブロガー本発売開始しました。Amazon在庫切れも解消!

Amazonランキング急上昇

発売初日にAmazon総合ランキングが70位、コンピュータ・ITでは2位SNS・ブログでは1位まで上昇しました。その後、SNS・ブログカテゴリでは、ほぼ一ヶ月間、Kindle版が発売開始になるまで、1位を守っていました。

Kindle版は別カウントなので、販売数が分散されて、ランキングが落ちてしまうのです。同じ本なのだし、合計してくれても良いのになと思いました。

人気ブロガー本特設ページで、書評を紹介させてもらってます

全国書店で展開

一般の書店でも販売が開始されました。発売当日の午後に、静岡市の大型書店2店舗に様子を見に行くと、早速置いてありました。感激でした。

その場で担当者さんとお会いし、思いを伝えて、持参したポップを設置してもらいました。

連休明けの日からは、東京の書店回りへ。ネットでは良い感じでしたが、書店では動いているんだろうか?と不安が。連休中、静岡の書店ではそんなに動きがなかったように見えたからです。

最初にお邪魔した、紀伊国屋新宿本店で、「連休中に動きが大きかったので、いま追加発注をしたところです」と言われて、一安心。その後何店かで、追加発注したとの話しを聞き、手応えを掴みました。

次の週末には、知り合いに会いに行く用事に合わせて、関西の書店にも足を運びました。

アキレス腱を断裂していて、スムーズに歩行ができずキツかったのですが、書店で自分の本に巡り合うたびに、疲れも痛みも吹っ飛びました。

二週間で重版出来

発売後、約二週間後の10/24に、出版社から重版決定の連絡がありました。重版するにしても、1-2ヶ月かかるかなと思っていたので、嬉しかったです。早ければ早いほど良いですからね。

この頃から書評が続々と寄せられました。ボリュームがある本なので、このタイミングなのかなと思いました。

【重版出来】人気ブロガー本出版に込めた本音

電子版の展開

先週の11/3から、電子版の配信が始まりました。本当は書籍版と同時にKindle版の発売する予定と聞いていたのですが、Amazon以外でも配信することになり、急きょ取りやめ。ようやくの配信となりました。

なぜこんなに時間がかかったかというと、リフロー版を作っていたからです。技術書系の書籍の電子版は、固定レイアウトが多いのですが、拙著はデバイスのディスプレイの大きさによって、フォントの大きさ等を自動調整してくれるリフロー版で発売されました。

電子版と紙書籍版どっちが読みやすいかと聞かれたら、拙著の場合は紙書籍の方が圧倒的に読みやすいと思います。マニュアル的な要素があるからです。でも、電子版も従来の固定レイアウト版よりは、格段に読みやすいはずです。電子版でもぜひ読んでみてください。

ちなみに、電子版は下記のサービスで読むことが可能です。

配信開始(11/19現在)

出版記念トークライブ

10/29に、静岡市街にあるTSUTAYA呉服町店で、出版記念トークライブを行いました。

同じ静岡市在住で、同じ時期に書籍を出版したイチコ(市野桂子)さんとの合同ライブです。イチコさんはプロのライターさんで、日本語のプロ。ブログをきっかけに出版されて、共通点が多く、トークも盛り上がりました。

地方在住でも出版できる! 出版トークライブinTSUTAYA呉服町店

今後の予定

今月2件のイベントに登壇、開催します。ご興味があれば、ぜひご参加ください。

書評を待ってます

本に対して反応があることが一番嬉しいです。著者にとって栄養です。拙著を読んでいただいたら、ぜひ書評にチャレンジしてみてください。三章10節の「書評の書き方」を参考に書いていただければと思います。

@kankichiまでご連絡いただければ、特設ページにて紹介させていただきます。

今日のわかった

本の出版は、発売後2週間が勝負と言われています。今回は運も重なり、上手く走り抜けられました。

ようやく少し落ち着けそうです。今後の展開について考え始めます。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です