決して忘れてはいけない、登山の「目的」とは?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSCF1684

先日久しぶりに映画を観て来ました。子供が生まれてからは、登る機会が減ってしまいました。こう見えてもクライマーです。

gaku
岳 – 映画オフィシャルサイト

岳 みんなの山

登山の目的とは何でしょうか?「登頂する・ピークを踏むこと」ではありませんよ。ぜひ考えてみてください。

スポンサーリンク

山のリスク

山での滑落事故はニュースでよく耳にします。何で滑落なんてするんだろ?と、山に登り始めるまでは思っていましたし、登り始めてからも、しばらくは思っていました。

山道の途中で休んでいたとき、目の前を歩いているパーティーの一人が、すごく疲れた様子で、一瞬フラっとして、道から落ちそうになりました。寸前のところで体勢を立て直したため、滑落はしませんでしたが、あと一瞬遅かったら、確実に落ちてました。登山では飲み水を多めに持参するため、ザックが重くなり、足元のバランスを崩しやすいのです。

DSCF1703

普通の平地であれば、転ぶだけですが、山の場合はそうはいきません。山肌にある山道は思いのほか道幅は狭いです。崖下に真っ逆さまに滑落する危険が十分あります。重い荷物に坂道で、しかも足場も悪いです。転倒は命を落とす危険があります。

時間を決めて、十分休息をとりつつ、ゆとりのある行程を組みます。夜明けとともに活動を開始して、昼過ぎには目的地に到着するくらいの計画が必要です。なぜなら、午後は天気が崩れる可能性が高いからです。昼飯を食べながら、ビールでも飲んで、昼寝をするくらいが丁度良いのです。

ということで、冒頭の問題の答えですが、はい、もうお分かりですね。登山の目的とは

「無事に下山すること」

です。私も天候が悪くて、登頂せずに下山したことがあります。勇気ある撤退は、登頂よりも素晴らしいと私は思います。

DSCF1731

山の魅力

今回観にいってきた映画「」は、山岳救助ボランティア「三歩」の活動を中心に、山の怖さと素晴らしさを描いたお話です。原作は漫画で、山岳事故の現場の悲惨な描写が多く盛り込まれていて、登山のリスクを十分理解することができます。

映画の中でも、悲惨なシーンは幾つか登場します。しかし、それ以上に、素晴らしい山岳の景色が、随所に見られます。あれだけ雄大な景色を見せつけられたら、いやがおうにも、登山の欲望がムクムクとわいてきます。

DSCF1679

今年は梅雨明け早くなりそうで、夏山シーズンが長くなるでしょう。登山には絶好の年となりそうです。2年前に暴風雨と残雪で断念した、奥穂高の登頂を、今年は再挑戦してみようと画策中です。登山の目的をしっかり頭に入れてから、山に入ることを、肝に銘じたいです。

※岳は2008年のマンガ大賞に選ばれた、大好きな漫画です。

今日のわかった

山に入ると、全身の皮膚がピリピリしてきて、風向きの微妙な変化などで、天候の変化を察知できたりします。野生の本能が復活してくる感覚が大好きです。

掲載した写真は2006年に妻と槍ヶ岳に登ったときのものです。また登りたいなあ。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です