思い出の燕岳登山

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

数年前、初めて山小屋泊まりで登った山が、燕岳だった。

夜明けに見た、槍ヶ岳や穂高の山々の美しさは、忘れられない。

ワンゲル出身の妻に、半ばお付き合いのような感じで登った。

確か一日目は天気はそれほど良くはなかった。
眺望もイマイチで、こんなものかなくらいな感じを持っていたと思う。

しかし、夜が明けたら、周りの風景は一変していた。

東の雲海の向こうから朝日が昇り、反対側の槍や穂高の山々を明るく照らしていく様子は、美しかった。

そして、身支度を整えた登山客は、その風景を見ながら表銀座の尾根を、槍に向かって続々と歩き出していた。

みんな、溢れんばかりの喜びの笑顔を浮かべていた。声も弾んでいた。

その様子を見て、すごく羨ましかった。「ああ~。俺もこの先を進んでみたい!!」

そして、泣く泣く下山した……。

私は決心した。

「いつかきっと、あの綺麗な山(槍ヶ岳)に登って見せるぞ」と。

今思えば、私はその時、まんまと妻の策略にハマってしまったのかもしれない。

+++

結局、次の年に槍ヶ岳を登山することが出来た。

そのときのルートは、上高地から横尾経由だった。

私が本当に辿りたいコースは、燕岳からの表銀座コース。

いつかきっと、表銀座から槍ヶ岳を目指してみたいな。想像するだけでもワクワクする。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です