広河原~肩の小屋~北岳~北岳山荘

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

一日目は広河原より登山開始。北岳山頂を経由して、北岳山荘を目指した。

スポンサーリンク

広河原へのアクセス

広河原へは、奈良田に車を停めて広河原行きのバスに乗った。海の日の三連休だったため、超激混みだった。座りたい方は、始発のバス停から乗るようにしよう。

広河原~二俣

7:00に登山開始。登山開始直後は、登山道が大渋滞。なかなか前に進まなかった。

その代わりゆっくり登れるため、休憩無しで渋滞から抜けるまでどんどん登った。大樺沢の崩落地の手前辺りで、ようやく渋滞から抜け、自分のペースで登れるようになった。

二俣を9:30頃通過し、右俣コースで小太郎尾根を目指した。八本歯コルへ向かう雪渓コースは、落石が多くて危険とのこと。しかし、たくさんの人が登っていた。大丈夫かな?

この日は天気が最高だった♪すばらしい。

小太郎尾根に取り付くまでは、かなりの急登。去年登って、勝手が分かっていたためか、それほどキツさは感じず、尾根に取り付けた。

尾根づたいに肩の小屋を目指す。天気が最高で、山がくっきり見えた。「山頂まで天気持ってくれよ」と祈りつつ登った。

肩の小屋~北岳山頂

肩の小屋到着は11:40。

ちょっと休憩して、すぐに山頂をめざした。

ここからは岩場が多く、手も利用して慎重に足を運んだ。

振り返れば、甲斐駒ケ岳が。景色いいな~。

山頂到着は12:40。

富士山から、鳳凰三山、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、塩見岳、間ノ岳、農鳥岳と、360°バッチリ♪


富士山


鳳凰三山


甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳


塩見岳、間ノ岳、農鳥岳と北岳山荘

昨年はガスで全く周りが見えなかった。こんな綺麗な景色だったのだなあ!と、喜びもひとしお。

昼食のおにぎりを食べ、同行者が煎れてくれたコーヒーを飲んで、しばし休憩した。

北岳山頂~北岳山荘

もう少し山頂に滞在したい衝動を抑えつつ、今日の宿泊地である北岳山荘を目指し、13:20ころ出発した。

間ノ岳に通じる稜線は、まさに夢に描いていた夏山の風景だった。

北岳山荘へのルートは、かなり急登で、下りも怖い。ゆっくり足場を踏みしめながら歩いた。

14:20に北岳山荘に到着♪ すぐにテン場の受付を済ませ、テントを設営。

山荘の脇のベンチに食料とバーナーを持ち込んで、酒盛り&夕食を食べた。

このベンチからの眺めが最高! 富士山と鳳凰三山が目の前にあり、左は北岳、右は間ノ岳。

ベンチにはテーブルと足を乗せる台があり、くつろいでビールが飲める♪

二日目は8時間以上の長い行程となるため、19:00頃の日の入りを拝んだ後は、早々に寝た。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です