プログラム入門・勉強法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最近「プログラムを学びたいのだけれど、なにからはじめれば良いのですか?」という質問を良く受ける。

プログラミングの内容に関しては、ネット上にいくらでも情報がある。
しかし、「プログラムを勉強する方法」に関しては、情報が意外と少ない。

そんなわけで、2年前はど素人だった私の、プログラム勉強法をメモしておく。

【言語】
皆さんが利用したい技術は、データーベースと、ウェブサービスだろう。
となると、一番良いプログラミング言語はPHPだ。私もほとんどのプログラムをPHPで作っている。

【導入】
プログラムを自分の手で組んでみよう。効率的に実力を上げられる。
作ったプログラムは、他のプログラムを作る際に使いまわしができる。作れば作るほど、プログラムコードのストックが溜まり、手数が増えてくる。

つまり、「手持ちのストック=プログラミング力」なのだ。

しかし、知識が無い方は、何から始めてよいのかが全くわからないだろう。

まず基本的な知識を詰め込む必要がある。
基本的な参考書を一冊読みこめば、十分だ。

データーベースやウェブサービスを扱うことを目標とする場合、世にある参考書のほとんどは、内容の範囲が広く、ボリュームがありすぎる。

そこでお奨めする参考書は、こちら。

私の持っている技術の2/3は、この本から学んだ。
PHPの基礎と、データーベースを扱う方法について、わかりやすい文章で、コンパクトにまとめられている良書だ。

現在、この本は絶版になっている?ようだ。アマゾンのマーケットプレイス(中古本)で、プレミアが付いている。見つけたら、即購入したほうが良い。

この本をマスターすれば、データベースを利用した中規模のサイトを、簡単に作れるようになるだろう。

その後は、どんどんプログラムを作っていく。わからない部分は、ネット上で調べれば大抵のことはカタが付く。似ている分野同士だけあって、インターネット上にはプログラムに関する情報がものすごく多い。一つ一つ使える範囲を広げていけばよい。

【ウェブサービス】
ウェブサービスを利用したい方は、次の参考書がお奨めだ。

この参考書では「PEAR」というモジュール集を多用している。
サーバーや実行環境によっては、そのままでは使用できない。しかし、独自にPEARをインストールする方法も詳しく書いてあるので安心だ。

オブジェクト志向の命令が多い。$img->width といった記述だ。
オブジェクトは、初心者にはなかなか難しい概念だ。

$img->widthは、「$img(画像)というオブジェクトが持っているwidth(横幅)の値」という意味だ。Javascriptでいうところの、img.widthのような感じ。そこだけ理解できれば、なんとか読めると思う。

【AJAX】
最近流行っているAJAX。いわゆるJavascriptだ。PHPより数段難しい。
Javascriptを使えると、ユーザーのブラウザ側で色々処理ができるようになる。サーバー負荷軽減など効果は大きい。

私はブログパーツの配布などに利用している。この本が一番取っ掛かりやすかった。

PHPとJavascriptの組み合わせは強力だ?。

【辞典】

PHPの命令を調べるために、私はこの辞典を利用している。

ネットのマニュアルでも良いけど、イマイチわかりにくいので。

以上、ご参考に。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です