最強のノートはドット方眼ノート

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

私は昔から、無地のノートを手帳として愛用している。

アイデア生産ツールとしての手帳

罫線入りのノートは、罫線が邪魔して図形が書きにくいため、脳の発想を妨げる気がして、どうも好きになれない。

しかし、無地のノートにも弱点はある。
目印がないため、文章がどんどん曲がってしまったり、まっすぐな線が書きにくい。

全体的に乱雑なノートになってしまうのだ。

スポンサーリンク

「ドット方眼」が最強

そこで思いついたのが、ドット方眼だ。

均一にドット(点)が打ってあるノートなら、罫線ほど邪魔にならず、文章や図形を書く際のガイドとなってくれる。マインドマップも書きやすい。

ドット方眼のノートを探し始めたところ、これが意外と売っていない。色々探した結果、ようやく見つけた。

F.O.B COOP STYLEのB5ドット方眼ノート

このノートはWリング式であるため、硬い表紙部を利用して、手に持ったままメモができる。

喫茶店などで狭いテーブル席に座ったときにも、コンパクトにして使える。
※上記写真は近所のドトール

楽天市場に入っている、輸入雑貨屋さんF.O.Bで買うことができる。これに勝るドット方眼ノートは、今のところ無い。

売れ切れてしまうとかなり困るため、10冊くらいまとめ買いをしておこう。

無印良品のドット方眼ノートも候補に挙がったけど、サイズがA6で、ノートにしては小さい。残念!

P.Sこちらも参考になります。

今日のわかった

ノートや手帳は脳みその一部。お気に入り&こだわりのものを徹底的にカスタマイズして使いたい。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です