iPhoneをリモコンにして、Prezi & Mac でプレゼンする方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

キーノートでプレゼン資料を作ることが多いです。今回は、ふとPreziでプレゼンをしてみようと思いたちました。

ところがすでにプレゼンの前日。キーノートのようにiPhoneをリモコンに使う機能はありません。Mac用のワイヤレスリモコンを購入する時間もないです。困ったな。

調べてみると、別のアプリを利用して、iPhoneをリモコン代わりにする方法を見つけました。

スポンサーリンク

BTT Remoteアプリ

iPhoneのBTT Remoteアプリを利用すると、カーソルキーをiPhoneで遠隔操作できることがわかりました。Preziはカーソルキー(矢印キー)で操作ができますので、実現できそうです。

Mac側には、BetterTouchToolsというアプリをインストールして、起動しておく必要があります。(ページ内のDOWNLOAD BETTERTOUCHTOOL FOR OSXをクリック)

手順は、iPhoneでMacを操作! 『BTTリモート』があれば、キーボードやマウスが不要になるゾ【使い方】が詳しいです。

IMG_4457

iPhone側でBTT Remoteを開くと、Macが現れて、あっという間に接続完了。

IMG_4456

カーソルキーは2番目の画面にあります。キーがちょっと小さいですが、操作できます。

時間が経つとiPhoneがスリープしてしまいます。設定→一般→自動ロックで、スリープするまでの時間を伸ばしておく、もしくは、しないようにしておくと良いでしょう。

今日のわかった

Prezi面白いですね。講義よりプレゼン向き。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です