【神対応】MacBook Airのスペースキー2度打ち故障の修理 (Retina, 13-inch, 2018)

2018年からメインマシンとして愛用していたMacBook Air(Retina, 13-inch, 2018)のスペースキーの動作がおかしくなってしまいました。

入力して、スペースキーを押すと、なぜかたまに2度打ちになってしまい、二番目の変換候補に変換されてしまいます。

色々調査した結果、元々キーボードの不具合が出ている機種で、無料修理となりました。

スポンサーリンク

散発する現象で、故障と断定するまで時間がかかる

作業していて、なんかおかしいと感じ始めました。ちょっと前までは、こんなことなかった。辞書ソフトやキーボード設定を変更したりしてみましたが、症状は収まらず。

必ず毎回起きるわけではなく、タイピングしていると散発的に発生するため、故障と判断できるまで2-3週間かかりました。

このように、スペースキーと他のキーを交互に押していくと、ところどころスペースが2個連なっていることがあります。この現象です。

元々不具合が出てた機種だった

ハード的な問題なのか、ソフト的な問題なのか。もしハードの故障で修理となると、いくら掛かるのだろう…。

不安になりながらネットで色々調べていくうちに、ようやく根本原因にたどり着きました。

特定の MacBook、MacBook Air、MacBook Pro モデルのごく一部のキーボードに、以下の症状 (の 1 つまたは複数) が現れる場合があることが判明しました。

・文字が勝手に反復入力される
・文字が表示されない
・押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

via: MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム

2018年製のMacBook、MacBook Air、MacBook Proは、キーボードの構造に問題があり、無料修理を受け付けているということでした。

さっそく、ページ内のサポートページからアップルにチャットで連絡し、修理してもらうことになりました。

今回のような2度打ちの症状は「チャタリング」と呼ぶそうです。

無償修理は、その最初の小売販売日から4年間適用とのことです。現在症状が出ていないくても、私のように今後発生することもあります。修理してもらったほうがお得です。キーボードも新しくなりますしね。

修理が終わって帰ってきました!

修理が終了したMBAが、宅急便で朝9時頃に届きました。2日前の午後に集配してもらったので、不在時間は42時間くらい。ものすごく速いです!

キーボードの交換だけでなく、バッテリーも故障があるということで、交換してもらいました。これって、ほぼ新品に戻ったということでは?

ディスプレイ周りもきれいにクリーニングされていて、外観も新品に戻ったようです。

ただ修理するだけでなく、それ以上に戻してくるAppleの神対応が素晴らしいです。

※12月6日追記

今日のわかった

実質1.5日で修理が終わって帰ってきました。速いし、きれいにクリーニングしてもらえたし、バッテリーも交換してくれた。実質新品になってしまった。神対応です!

Mac
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました