腸腰筋でスタスタ走る

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

4月にウルトラマラソン100kmを走ってから3ヶ月が経とうとしています。梅雨明けして、本格的な夏がやってきました。

2016-2017シーズンの初戦は、10/30のしまだ大井川マラソンです。目指すはサブスリー。でも、ただ練習するだけでは、サブスリーには届きそうにありません。さらにフォームに磨きをかける必要があると考えています。

どんなフォームを目指していくのか? ヒントは昨シーズンの後半のレースにあります。

スポンサーリンク

腸腰筋を使ってスタスタ走る

昨冬から腸腰筋を使ったフォームを意識しています。シザーズ動きを取り入れて、足を前で回転させるようにしています。ハイテクトレーニングマシンによるトレーニングは、足を巻き上げて前へ持っていきます。この2つの動作は、どちらも腸腰筋を使ったフォームへつながっています。

↑大泉スマイルランナーさんの記事と動画が参考になります。

古河マラソンあたりから、足運びが変わってきて、体幹とハムの力が推進力になっている感じがつかめてきました。チャレンジ富士五湖で並走した女性の上位ランナーが、良い姿勢でスタスタ走っていて、「これだ!」と思いました。

足を後ろに流さず、前でスタスタ回転させて走る。そんなイメージで今シーズンは走ってみます。

腸腰筋トレーニング

これから夏の暑い時期は、長時間のランニングは厳しいです。短時間で強度の強いトレーニングがメインになってきます。腸腰筋に効く坂道インターバルや、レッグレイズなどの筋肉トレーニングで強度を上げて、腸腰筋を使ったフォームを鍛え上げます。スタミナ系の練習は9月に入ってからになりそうです。

腸腰筋が使えると、後半足が攣ることはなくなるはずです。今シーズンは腸腰筋に賭けてみます!

【参考】

今日のわかった

これまで、しまだマラソンはステップレースとしての位置づけで、本命は11月のつくばでした。しまだは毎年練習不足で、玉砕が続いています。今シーズンこそ、しっかり走りきるため、3ヶ月前にあたる7月末から、本格的なトレーニングを始めます。暑そうだな……。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です