僕が走る理由

一日中大雨でなければ、ほぼ毎日走っています。

距離は基本的に10km。時間がなかったり、疲れを感じるときは距離を減らします。

なぜ、私は毎日走っているのでしょうか?

なぜ、毎日走るのか?

昨年までは、基本的にレースを目指して走っていました。具体的には、フルマラソンサブスリー(2時間台)を目指していました。

おかげさまで、その目標は達成することができました。現在は特に具体的なレース目標はない状態ですが、私は走り続けています。

20分くらいしか時間が取れなくても、2-3km走りに出ます。

そんな自分を見つめ直して、何のために走っているのかを考えてみました。

体重キープ

もし走れなくなったら、困ることがあるとすれば、体重です。

現在は標準体重よりちょっと少ない体重をキープしています。

私は毎日走ることを前提とした、食生活をしています。朝昼は粗食ですが、夜はしっかり食べて、そして飲んでます。

仕事は自宅でのデスクワークで、ほぼ出歩くことはないため、もし走れなくなったら、体重が増加してしまうでしょう。

筋肉のキープ

また、走ることによって、体が磨かれます。

両足のふくらはぎは、ケンタッキーフライドチキンのように、ムキムキになっています。

お腹は出ていません。

歳をとっても自分の足でしっかり歩き続けたです。

思考の時間

ランニング中に、色々考えることが多いです。

仕事中に煮詰まったら、ロードに出てしまったりします。悶々としているのであれば、ランニングをしていたほうがマシかなと。

このブログの記事の多くが、ランニング中に考えたことです。当記事もランニング中に考えました。

一人になれる時間

一人になる時間が欲しいというのもあります。

私は自宅で仕事をしているので、常に家族がいます。

最近は学校の休校が多く、子どもたちも家にいます。

ジョギングに出れば、1時間くらいは孤独になれます。

速く走りたいという欲望

もちろん、「速く走りたい」という欲求もあります。

人より速く走りたい。今の走力を落としたくない。

60歳になっても、サブスリーは無理にしても、サブ3.5で走りたいです。

自然と触れ合う

海沿いを走ると、波の音が聞こえて、海風が気持ち良いです。

山を走れば、新緑の香りや、木陰のひんやりとした空気が心地よい。

ランニングを通じて、季節を五感で感じるのが好きです。

ランニングに支えられている生活

というわけで、私は、多くの部分でランニングに支えられている生活を送っています。

最近は新型コロナウイルスの影響で、ジョギングすら制限されている国や地域があると聞いています。

私は住んでいる静岡は、今の所市中感染は出ておらず、外出制限はありません。しかし、問題がもっと深刻になれば、ランニングによる外出も制限されてしまうかもしれません。

そうしたら、私の生活は維持できなくなってしまいます。

今は走れる喜びを噛み締めながら、1kmでも長く走りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました