iCloudから写真をmacにダウンロードできない

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

iCloundの容量が一杯になってしまったので、保存されている過去の写真をダウンロード&削除して容量を確保しようとしたら、ダウンロードできない。

思いの外ハマったので、対応方法をシェアします。

スポンサーリンク

「iPhoneのストレージを最適化」の落とし穴

iCloundが一杯になると、、iPhoneをmacにつなげて、イメージキャプチャで外部HDDに吸い出してから、iPhone内の写真を削除して、容量を確保しています。

ところが今回同じことをしても、ダウンロードできた写真の数が明らかに少ない。全然少ない!

あれ?っと思ったら、どうもiPhoneの設定>iCloud>写真で、「iPhoneのストレージを最適化」にチェックが入っていました。

この設定だと、写真のオリジナルデータはiCloud側に保存されていて、iPhone側には小さなデータだけ残して、その都度iCloudにデータを呼びにいくことで、iPhoneのストレージを節約している模様。

iClound→macに一括ダウンロードする機能はない

ということで、iClound側からオリジナルデータをダウンロードすることに。

ところが、iCloudから写真データをダウンロードするのに一苦労。デフォルトの機能として、iCloudからmacに一括ダウンロードする方法は存在しません。写真一枚づつなら可能ですが、写真は何千枚もあります。日が暮れてしまいます。

AnyTransといった、サードパーティーのアプリケーションを利用する方法もありますが、機能が制限されていて、大量のデータを保存するには有料版が必要なようです。ネット上の情報はほとんどこの手のもので、イマイチでした。アフィリエイトなのかな。

WindowsPCなら一括ダウンロード可能

結局一番早いのは、WindowsPCを使う方法です。Win機にiCloudアプリをインストールすると、一括ダウンロードできます。

作業方法は、こちらの記事が詳しいです。感謝!

iPhone iCloudの画像をまとめてPCに保存(おばさんでもわかる)

6,000以上あった写真や動画を、全部ダウンロードすることができました。量が多い場合は、PCがスリープしないように設定しておかないと、途中で終わってしまうのでご注意を。一晩かかりました。

今後の対応

iPhoneの、設定>iCloud>写真を「オリジナルをダウンロード」にしておけば、以前のようにiPhoneのストレージが一杯になった時点で、ダウンロード&削除するのが一番シンプルです。「iPhoneのストレージを最適化」は設定しないようにします。

私のiPhone6sは64GBなのでまだ良いですが、次のiPhoneXで256GBなんて購入して、「iPhoneのストレージを最適化」が入ってたりしたら、とんでもないことになりそうですので。ご注意を!

今日のわかった

Apple製品の問題を、Win機で解決するとは…。Appleさんは、もうちょっと考えたほうが良いのでは?

Appleからは「ストレージが一杯です。上位プランにして容量を増やしましょう」みたいなメッセージだけ。そう簡単にプランは上げられませんし、容量が一杯になれば、また同じ問題が発生します。

Appleにちょっとだけ不信感をいだきました。

「iPhoneのストレージを最適化」の機能は必要ないと思う。もしかしたら、最近転送量がすぐに上限に達してしまうのも、これが原因かもです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です