静岡市で一番おすすめの蕎麦屋 八兵衛の田舎そば

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_6752

静岡県は意外にも圧倒的に蕎麦文化圏。うどん屋は少ないです。南アルプスの南端に位置し、長野・山梨の信州そば文化を引き継いでいるのでしょう。

ところが、静岡の蕎麦は細麺が多く、上品な感じ。私は信州の荒々しい田舎蕎麦系が好きなので、今ひとつ物足りなさを感じていました。

八兵衛さんでは田舎蕎麦が食べられます。パンチが効いていて絶品です。


この日はお腹が空いていたので、田舎蕎麦のせいろを2枚注文しました。

IMG_6743

飲みものは緑茶とそば茶が選べます。緑茶を頂きました。

IMG_6745

IMG_6747

しばらくすると、そばつゆと薬味のセットが。八兵衛は本わさびを出してくれます。これを自分でゆっくりすりおろしながら蕎麦がゆであがるのを待ちます。

待つ事10分くらい。一枚目のせいろが出てきました。カウンターなので、職人さんから直接手渡しでもらいました。

IMG_6750

そうそう。この麺の太さがたまらない。

IMG_6752

たっぷりそばつゆに漬けて、まずは蕎麦だけ。

IMG_6755

次は本わさびと一緒に頂きます!

ずるっずずず!やっぱり八兵衛さんの田舎蕎麦は好きだなあ。

IMG_6757

ネギや大根おろしも追加し、黙々と食べ続けました。あっという間に一枚目を完食。

IMG_6759

続いて2枚目がゆで上がりました。さて、もう一枚!と思った矢先、ふと目の前にお塩をみつけました。

IMG_6764

玉藻塩という、海藻から採れる塩のようです。かけて食べてみてくださいとのことでしたので、蕎麦の上にかけて食べてみました。

IMG_6761

うん。たしかに蕎麦の風味をそのまま味わえますね。これは面白い。

とはいえ、やっぱりお蕎麦はそばつゆが一番。引き続き本わさびと薬味とつゆで残りのお蕎麦を平らげました。

IMG_6762

IMG_6763

食後はたっぷりのそば湯が。たまに透明なお湯のようなそば湯を出してくるところがあるのですが、八兵衛は真っ白。最後まで美味しく頂きました。

この内容で1,100円くらい。味も量も値段も大満足でした。

IMG_6767

八兵衛

今日のわかった

今回は静岡店で食べました。本店は藤枝市役所の前です。

藤枝に10年住んでいたいのに、なぜか本店では一度も食べた事がない…。不思議だ。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です