良い素振りができないと、ゴルフは上手くならない

ゴルフの練習というと、「打ちっぱなし」と呼ばれるゴルフ練習場で、ボールを打つのが一般的です。

しかし、ボールは1球10円前後。100球打てば1,000円。入場料などもかかるケースもあり、意外とお金がかかります。

自宅で素振りをすることで、ボールを実際に打たなくても、良いスイングを身につけることができます。

良い素振りができなければ、良いボールを打てない

良いスイングで素振りができないと、実際に振って打っても良いボールにはなりません。

ゴルフのスイングとは、いかに素振り通りに振れるかどうかです。

ボールを打つ前に、しっかり素振りをして、良いスイングを見つけておきましょう。

安価な練習用マットがおすすめ

素振りをするには、練習用のマットがおすすめです。

マットの上でクラブを振れば、クラブヘッドも床も痛みません。

短い距離であれば、室内でも布団やクッションに向かって、アプローチ練習することもできます。

室外であれば、ゴルフネットがあると良さそうです。

素振りでスイングを探す

アイアンの素振りで気をつけたいのが、ヘッドがマットを擦る音です。

「ドン!」という音がしたり、大きくマットが動いてしまう時は、ハンドファーストが崩れています。「ザッ」という音がするスイングを探しましょう。

ヘッドの軌道も大切です。仮想ボールを設定して、ボールを打てているか、確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました