実はエクセルより便利なソフトがある

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_1039

ビジネスシーンでの集計業務はエクセルで行う職場がまだ多いと思います。エクセルは表計算ソフトなので、ちょっとしたデータを集計してグラフ等に表示させるには便利ですが、大量のデータを整理するには不向きです。

経理業務のためのAccess実践講座―2007/2010/2013対応

マイクロソフトにはAccessというデーターベースソフトがあります。経理業務は、Accessの方が実はエクセルよりずっと簡単です。

スポンサーリンク

大量データはAccessで

エクセルの場合、データの場所は「A1」のように場所が一つ一つ決まっています。データを取り出したかったら、場所を指定しないといけません。

それに対してAccessは、データの場所は特に決まっていません。取り出すには、場所を指定するのではなく「条件」を指定します。例えば、「2013年3月中の静岡市駿河区の取引先への請求額」のように、欲しいデータの条件を指定するのです。

Excelのように、月ごとや地区ごとにシートを分ける必要はなく、すべて一つのテーブルにデータを集約できます。

DSC_1036

ExcelとAccessを連携して

もちろん、Accessにも不得意な部分はあります。グラフや図式化の作業はExcelの方が得意です。なので、Accessによって処理したデータを、Excelにコピペして分析するなど、お互いの得意な機能を使い分けることで、業務がもっと楽になります。

自社に合った使いやすいソフトを自作

会社によって業務方法は異なるため、市販のソフトだと使いにくい部分が出てきてしまいます。Accessであれば、自分でカスタマイズができるため、業務内容に合ったソフトを作ることができます

本書には、

  • 小口経費精算表
  • 手形管理データベース
  • 業務管理データベース
  • 販売管理データベース
  • 工事原価管理データベース

の具体的な作り方が紹介されています。実際にデータベースを作りながらAccessのカスタマイズ方法を学んで、業務に合ったソフトを作ってみてはいかがでしょうか。

▼▼▼▼

本書は著者の三浦健二郎先生から献本を頂きました。ありがとうございます。
三浦先生とは静岡の勉強会に一緒に活動させてもらってます。マラソンのライバルでもあります^^

三浦章弘税理士事務所

今日のわかった

私はMySQLでウェブサービスを開発することがありますので、データベースは便利さは理解してます。Accessは使ったことが無いので、今後必要があれば、本書を読みながら使ってみようと思いました。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です