一人ランニングは、レースタイム向上に効果的

知り合いのランナーと一緒に走るのは楽しいです。

しかし、普段はほぼ一人で走っています。きついポイント練習も、一人で行うことが多いです。

実は、この「一人ランニング」が、レースのタイム向上に効果的だと考えています。

ペーサーがいると楽

スピード練習や、ロング走といった練習は、一人で行うとキツイです。

一人だと、どうしても甘えが出てしまいます。いつの間にかスピードが落ちていたり、距離を短縮してしまったりします。

ところが、みんなで走ると、キツイメニューでもこなせてしまいます。

みんなで渡れば怖くない的な、心理的なものもあると思いますが、一番の理由は「周りについていけばよい」からだと考えています。

一人でペースを維持するには、余計なエネルギーが必要です。しかし、集団走であれば、周りが引っ張ってくれますので、少ないエネルギーで走ることができるのです。

一人練はキツイけど、その分レースは楽

自己の限界を高めていく目的ならば、複数のランナーと走ったほうが、より速いスピードで走れるので有効です。

しかし、レースでタイムを更新するためには、スピード練習を一人で行うなど、一人で追い込むような練習も必要だと、私は感じています。

なぜなら、一人でキツイ練習を続けてきた後に、レースに出場すると、ものすごい楽に感じるからです。

いつもは、ペースを維持するために集中し続ける必要があるのに、レースでは周りのランナーが勝手に引っ張ってくれます。

初サブスリーもぼっち練の成果

私自身も、初めてサブスリーを達成したときは、集団の中で走れたので、30kmまであっという間でした。

レースに向けて、10kmスピード走を一人で積み重ねてきました。非常にキツイ練習でしたが、その分レースは楽に感じました。

週に一度以上は、ポイント練習を一人で行うようにすると、より走力を高められると思います。ぜひお試しを。

コメント

  1. gonchan より:

    私もマラソンやっています。
    2回めでネット4時間7分程度のものです。
    いつもロングは一人で走って、20キロぐらいでヘトヘトになりますが、
    レースだと、20キロ頃からエンジン全開になってくるようで、不思議だと思っていました。
    やっぱり一人練習はきついんですね。

タイトルとURLをコピーしました