会社に依存しない人生を手に入れるために読みたい本12選

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_4715

私は起業して10年目。当時は勢いで始めてしまって、拠り所がなく不安な時期を過ごしたこともあります。最近は、自分の生き方を後押ししてくれる本が増えてきている感があります。

会社に依存しないで生きていける力をつけたいと思っている方は多いはずです。そんな方々にお勧めしたい書籍を10冊ピックアップしてみました。

人気ブロガー両氏による著書。ブログで生活するために具体的なテクニックが数多く紹介されています。本書ではサラリと流されていますが、「仲間を作る」「継続する」は、会社に頼らず自力をつけていくには大切なことだと思います。

プロ・ブロガーになるために必要な5つの考え方

▼▼▼▼

有名アフィリエイターのあびるやすみつさんの著書。もう一冊のアフィリエイトでめざせ!月収100万円と合わせて読めば、アフィリエイトの手法と業界について一通りを知ることができます。

あなたは闇アフィリエイトに加担していませんか?

▼▼▼▼

糸井重里さんの著書。新しいライフスタイルについての本です。現在、そして将来にも通じる示唆がたくさん詰まった本書が、10年以上前に出版されていたことに驚きを感じます。インターネットのインフラの話ではなくて、ネットに何を乗せるかというソフト的は話です。

▼▼▼▼

ネットの普及によって「好きなこと」を仕事にして生きていくことが可能になり、それが一番幸せな生き方であるといことを、本書を読んで知りました。私の人生観の大きな支えになっています。

残酷な世界で生き延びるたった一つの方法

▼▼▼▼

ネットという森の中で栗拾いをするようにお金を稼いで、シェアハウスで周囲と付かず離れずにストレスなく生活するpha氏の著書。お金をかけずに幸せに暮らす考え方には共感できるところが多いです。

人生とは暇つぶしである – ニートの歩き方

▼▼▼▼

No Second Lifeのたちさんの著書。ネット集客はネットだけではないということを、たちさんの行動を見て知りました。リアルのイベントとブログを連携させて、自身のブランドを向上させていく方法を学べます。

リアルとネットを混ぜる – ノマドワーカーという生き方

▼▼▼▼

我々の生活に大きな影響を与える、IT技術、エネルギー枯渇、温暖化、高齢化などを根拠に、2025年の世の中を予測して、我々がどんな準備をしていけば良いかを詳細に検討しています。「スペシャリストへ」「仲間を作る」「物から経験へ」の3つのシフトは、すべて私の人生観とマッチしています。

時代は「ゼネラリスト」から「スペシャリスト」へ

▼▼▼▼

営業マンが本当に売っているものは、商品ではなくて「自分」であるということを、本書を読んで始めて知りました。どの商売でも大切なマインドです。

世界最高位のトップセールスマンが教える、営業で一番大切なこと

▼▼▼▼

「凡庸な文章は恥である」という本書の主張にショックを受けました。文章とは読む人の心を動かすことに意義があります。当ブログの文体は、本書からの影響が大きいです。

文章力とは、この世を生きる力である

▼▼▼▼

ドリルを売るには穴を売れのリニュ本です。続編新人OL、社長になって会社を立て直すもおすすめです。小説を読みながら、マーケティングとはなにかを体系的に学ぶ事ができます。

商品やサービスをアピールすることではなくて、商品を購入した先に待っている快適な生活をイメージさせることの大切さを知りました。人はドリルを買うのではなく、ドリルで空ける「穴」が欲しいのです。

ドリルを売るには穴を売れ!

▼▼▼▼

「著名ブロガーによる口コミ⇒アマゾン一位⇒はてブトルネードを誘発」という書籍ベストセラー必勝法を、死にものぐるいで達成させた話は、当ブログを成長させる上で大きなヒントになりました。会社に頼らない自力をつけるには、自分をマーケティングする「セルフブランディング」が大切です。

わたくし「カツマー」ですが何か?

▼▼▼▼

達成したい目標を紙に書いて、部屋に貼っておきましょう。私自身もやってみたのですが、数年後にはそのほとんどが達成されていて驚きました。ぜひ実践してみてください。きっと想いはかないます!

成功者の言葉を聴いても、成功できない理由

今日のわかった

これらの本は、実は「わかったブログ」のネタ本だったりもします。

私も定期的に読み直しています。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です