「ブログで生活していけるか議論」の結論

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_9713

「ブログで生活していけるかの議論」が、ネット上で盛り上がっていました。

結論から言うと、ブログで生活していくことは可能です。もちろん、誰もがすぐに可能というわけではありませんが。

何においてもチャレンジしないことには成功は生まれません。プロ野球選手を目指さなければ、プロ野球選手にはなれないのと同じです。

枠が決まっているプロ野球選手よりは圧倒的に容易でしょう。勝負する土俵とルールを自分で決められるからです。

野望を持って、大いにチャレンジしましょう。

スポンサーリンク

努力しても成功できるわけではない

誰でもすぐにブログで生活していけるとは限りません。努力は大切ですが、いくら努力してもダメなことはあります。

ブログのコンセプトや、記事を書くタイミングがズレていると、どんなに頑張っても上手く行きません。

間違っても「会社を辞めて毎日10記事更新すれば、絶対に成功できる」のような考え方はやめましょう。ゼロに何をかけてもゼロなのです。努力の方向を間違えると、いつまでも上手く回りません。

ブログで成功するパターンは「やってみたらたまたま上手くいった」です。いつ何が当たるかはわかりません。とにかく打席に立つことです。ブログをたくさん運営してみることです。バットを振らなければ、ボールは当たりません。

一つのブログで100記事くらい書いて鳴かず飛ばずであれば、そのブログはなにかがズレているのです。違うコンセプトで新しくブログを立ち上げてみるのもよいでしょう。

検索順位は永遠には続かない

ブログのアクセスが増えてきても、喜び過ぎないでください。特に、アクセスの多くを、検索エンジンからの流入に頼っている状態は危険です。

Googleのアルゴリズムは気まぐれです。昨日までビッグキーワードで1位だったページが、突然圏外に飛ばされてしまうことはよくあります。

人々は、上位表示されると、その順位が永遠に続くと考えてしまいますが、大きな勘違いです。

なぜなら、あなたのページが上位表示される前には、他のページが上位表示されていたからです。あなたのページも、いずれ他の新しいページに取って代わられる運命にあるのです。

会社を辞めるなら、給料の2倍のブログ収益力が必要

どれくらいの収入がブログから得られたら、会社を辞めれるのでしょうか?

お給料くらいの収入が得られるようになったからといって、簡単に会社を辞めないでください。危険すぎます。ブログで将来継続して稼げるとは限りません。

1年を通じて、ブログからサラリーマンの年収の2倍くらいの収入を得る。もしくは、ブログ収益で5年分の生活費を貯めるくらいの実績が欲しいです。

会社を辞めて、独立起業をするということは、リスクが大きい決断です。大きなリスクをとるのであれば、リスクに見合った大きな収益が見込めないと意味がありません。

会社を辞めずにお給料と同じくらいのブログ収益が得られれば、ツインターボで収入を得ることができます。そのまま5年頑張れば5年分の生活費以上の貯蓄ができます。

独立するのであれば、それくらい準備をしてからでも遅くはないと思います。

DSC_9710

チャレンジなくして成功はない

以上まとめると、

  • ブログで生活していくことは可能
  • ただし、独立するならお給料の2倍くらいの収益力が欲しい

です。

世の中には「そんなこと絶対にできない」と、得意になって語る人がいます。確かにごもっともです。

そして、「できない」「無理だ」ということを雄弁に証明したところで、結局何も生まれません。

会社の会議で「この企画は、かくがくしかじかの理由で、不可能です」と得意満面でプレゼンしている様子を想像してみてください。「それをできるようにするのがお前の仕事だろ?」と言われるのがオチですよね。

「できない」と言うことは誰でも簡単にできるのです。みんなができないと思っている難しいことに挑戦して、実現するからこそ、大きな成果に結びつくのです。

チャレンジすることは良いことです。人生のスパイスです。

ぜひ頑張って欲しいです。

今日のわかった

わかったブログも、同時に4つのブログを立ち上げたうち、たったひとつ生き残ったブログです。

プログラムや家庭菜園、静岡ネタは別ブログ化して、出がらしのように残ったブログが、わかったブログでした。

本当に何が当たるかはわかりません。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です