一理ある投資戦略 ドルコスト平均法と、システムトレードを組み合わせる

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

分散投資、システムトレード、ドルコスト平均法、ファンダメンタル投資…。投資の戦略には、色々な考え方があります。

どの考え方も理にかなっています。要するに高いリターンを得ようと思えば、相応のリスクを取るしかない。効率化された投資市場では、投資はサイコロを振るようなものです。

お金がずっと増え続ける 投資のメソッド —アイドルのわたしでも。

そんな中で、確実に利益を確定していく、理にかなった投資法を学びました。

もちろん、絶対に利益がプラスになるという投資方法は存在しないのですが、一つの考え方として知っておくと良いと思います。

スポンサーリンク

ドルコスト平均法と、システムトレードを組み合わせた投資法

詳しくは本書を読んで頂きたいのですが、ドルコスト平均法と、システムトレードを組み合わせた投資法です。

値段が下がったら買って、あらかじめ決めた利益が出たら売る。その繰り返しです。

例えば投資の軍資金を100万円、一回の利ざやを1,000円と決めておきます。投資ルールに沿って1,000回売買ができれば、軍資金分は回収できて、買った分を売り切れれば、すべて利益となるといういことです。

もちろん、リスク存在します。投資対象の価格が下がり続けてしまうと、利益の確定ができません。そこで、投資対象を「金」にすることで、価格が下がりすぎてしまうリスクを減らします。

金は量に上限があり、IT機器の電子部品などにも使われる貴重な原料であるため、相場が大崩することは考えにくいです。それでも、日々相場は上下しているため、その変化を利用して利益を取っていこうという戦略です。

手数料が高すぎる

何千回と売買を繰り返すので、時間がかかって地道な方法ですが、良く考えられた投資方法だと思います。

一つだけ気になるとすれば、1,000回も売買を繰り返せば、当然売買手数料も積み上がるわけで。金のCDFの場合、スプレッドが1ドルくらい。1枚取引するたびに100円くらい手数料が抜かれていると考えれば、100回で10万円。

投資軍資金100万に対して10万円もいつの間にか抜かれると、ちょっと払いすぎかな?とも思いました。10%も手数料で抜かれるのは、バカバカしいですよね。これでは、証券会社を儲けさせるだけです。

利益の確定幅を大きくして、売買回数を減らすなどの工夫が必要かなと思います。

乃木坂46の高山さん

本書は、乃木坂46の高山さんとの会話形式で進行していくため、とても読みやすいです。

高山さんは200万円を元手に売買を開始して、ずっとマイナスが続いていました。4ヶ月後は50万円以上もマイナスに。

しかし地道に売買を続けて、一年後にどうなっていたか? それは本書を読んでのお楽しみです。

今日のわかった

よく考えられた投資法だと思うのですが、どうしても気になるのが、手数料です。

価格の変動を拾って細かく利益を確定していく方法なので、売買回数が増えるのは仕方がないことではあるのですが。

よく言われる通り、胴元が一番儲かるということでしょうか。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です