取り返しがつくうちに知っておくべき禁煙のこと

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

いつも拝見させて頂いている「ホームページを作る人のネタ帳」の管理人さんが禁煙一ヶ月を達成されたという記事を読んで、ふと思い起こしてみました。

私は2005年6月から禁煙を始めて、もう少しで丸5年です。
人生を変えた私の禁煙

久々に禁煙についての記事を作成していると、今だに喉が詰まってくるような感覚があります。5年経っても、喉が煙草の味を覚えていて、煙草の話題に触れると、喉が反応します

この調子だと、おそらく一生この感覚とつきあうことになるのかな。なかなかお許しはでないようです。

さて、最近煙草について面白い記事を見つけました。


/ the russians are here

再送:喫煙者のIQ、非喫煙者に比べて低い傾向=調査 | 世界のこぼれ話 | Reuters “再送:喫煙者のIQ、非喫煙者に比べて低い傾向=調査”

イスラエル軍の入隊者を対象に実施した調査では、喫煙者の知能指数(IQ)は非喫煙者に比べて低く、たばこの量が増えるほどIQが低くなることが分かったという。

 調査の結果、1日の喫煙量がたばこ1箱かそれ以上の場合、非喫煙者に比べてIQが7.5ポイント低かったという。

7.5ポイントって、大きい数字ですよね。

ちなみに知能指数の段階って、こちらによれば、

IQ ランク
-141 最上(最優)
109-124 中の上
93-108
77-92 中の下
61-76 下(劣)
60- 最下(最劣)

だそうです。 7.5ポイントも差があれば、もともと(中)の方は(中の下)に。(中の下)の方は下(劣)に落ちてしまう可能性があります。

禁煙なんてするんじゃなかったorzでは、集中力の低下によるポテンシャルの低下を紹介させていただきましたが、集中力だけの問題ではなかったのですね。脳みそ自体の回転が悪くなるのだそうです。

ちょっと私には耐えられません。


Big Boobs / Michael_Lehet

GIGAZINE “意外と知らないおっぱいの真実15個”

15:肌の弾力性の元となるエラスチンが破壊されるため、垂れたおっぱいになりたくないのであればタバコを吸ってはいけないそうです。

これも、衝撃的な記事です。喫煙をしている女性をみると、変な妄想をしてしまうかもしれませんw

私は女性では無いので分からないのですが、これって、かなりショッキングなことじゃないですか?

スポンサーリンク

受動喫煙が怖い

禁煙なんてするんじゃなかったorzで述べたように、まあタバコを吸うことは個人の自由で、ライバルのポテンシャルが低下するだけの話かなと思っていたら、それだけでは済まされないようでです。

喫煙者の周りにいる方も、受動喫煙によって同じように被害を受けてしまうのです。良く考えると、すごく怖いです。

知能が低下すると言われている煙草を、子供の前で吸えますか?

おっぱいが垂れるといわれている煙草を、恋人や妻の前で吸えますか?(……この件に関しては、私も前科があるので、人のことは言えませんが)

少なくとも、この情報を知ってしまった以上は、人前でタバコを吸うことは今後は絶対にやめるべきでしょう。街中での歩きタバコなんて言語道断です。無差別攻撃のようなものです。

確かにタバコは美味しいです。吸ったことが無い人にはわからない、至福の感覚があります。みんなすぐにやめろとヤボなことは言うつもりはありません。マナーを守って吸っていただければよいと思います。

今日のわかった

喉が詰まってきた。
はやく記事をアップしてしまおう

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です