アプローチのトップ&ダフリを解決 アプローチウェッジを新調

最近、10yくらいのアプローチに悩んでました。目の前にピンがあるのに、トップしたり、ダフったりと。

パターが使えれば良いのですが、ラフで少し距離があると、パターでは打ちにくいです。

解決策として、アプローチウェッジを新調しました。これまでのウェッジとは大きな違いがあります。

スポンサーリンク

ウェッジの重量をアップ

違いとはズバリ、「クラブの重さ」です。

ゴルフクラブは、番手が上がっていくにつれて、重くなっていきます。パターが一番重い。

アプローチで使うAWやSWは重い部類に入るクラブになります。

私のアイアンセットは、シャフトがカーボン製なので、比較的軽め。よって、AWやSWを短く持ってスイングすると、ヘッドの重みが感じづらくなってしまうのです。

つまり、重さがない分、小手先で色々悪さをしてしまったり、スイング軌道がブレやすくなってしまうのです。

ティーチングプロに、「もう少し重いウェッジで打ってみます?」と提案を受けて、打ってみると、非常に打ちやすい。シャフトがスチール製なので全体的に重く、スカスカ感がない。

パターのような感覚で打てます。

ボーケイ SM7を購入

そこで、早速ゴルフ用品店で、52°と58°のウェッジを購入しました。ボーケイのSM7。一つ前のモデルですが、問題なし。

58°は、「M GRIND」という、グラインドが施されていて、フェースが開きやすくなっています。52°は「F GRIND」で、バウンスが効いていて、バンカーでも使いやすくなっています。

シャフトはdynamicgoldの重め。100g以上あるタイプです。

これまで使っていたAWとSWを下取りにして、2万円くらいの投資。

これでスコアが5くらい良くなれば、安い投資になると思うのですが。どうなるか?

今日のわかった

ゴルフ場も、ランチ営業をやめて、全てスループレー。

ゴルフバッグ以外は、カート乗車禁止。すべて徒歩。

ロッカーとお風呂も閉鎖して、ゴルフウェアのままゴルフ場に来て、そのまま帰る。

そんな営業にすれば、かなり安全だと思います。

ただでさえ、みんなストレス溜まっているので。ゴルフ場は、良い気晴らしになるはずです。

ゴルフ100切り
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました