楽天カード×楽天証券でつみたてNISAがお得と聞いて、開始してみた

楽天カード×楽天証券でつみたてNISAがお得だという話を聞き、開始してみました。

何がお得かというと、投資信託の毎月の積立金を楽天カードで支払うと、楽天ポイントが1%つくからです。

投資した時点で、1%の利回りが確定することになります。銀行に預けても利息は0.002%であることを考えれば、長い目で見れば、お得かなと。

スポンサーリンク

つみたてNISAで毎月33,333円ずつ積立

つみたてNISAは年間40万円まで積立できて、20年間は譲渡利益に対して非課税です。

毎月33,333円ずつ積立に設定すれば、40万円の枠を買い切ることができます。

楽天カード枠で毎月5万円ずつ積立してもOK

楽天カードによる積立金の支払いは、毎月5万円までです。

NISA分33,333円支払っても、楽天カードではまだ16,667円分購入ができます。

家計に余裕がある方は、課税口座で16,667円分の投資信託を購入すれば、毎月5万円投資して、1%の500円のポイントを受け取れます。

ゲットした楽天ポイントを再投資で「複利の効果」を得る

楽天証券ではポイントでの投資が可能です。投資信託の積立にも利用できます。

例えば、上記のように楽天カードで毎月50,000円積立すれば、500ポイントもらえます。

そして、500ポイントを投資信託の積立に設定すれば、1%の利回りを再投資することになります。

(毎月50,000円投資の場合、500円分はポイントで。残り49,500円分を楽天カードで支払い)

投資の魅力は「複利の効果」です。得られた利益を再投資することで、利子が利子を生むことになり、お金が増えていきます。

さらに、毎月500ポイント以上に設定すると、SPU(スーパーポイントアップ)が適用されて、楽天市場での商品のポイントが+1倍となります。楽天市場での買い物で、さらにポイントが貯まります。

ポイントで他の銘柄を購入しても良いでしょう。

ドルコスト平均法でリスクを小さく

ポイント1%をゲットできても、投資信託の値が下がってしまえば、逆に損をするのでは?というご意見もあると思います。

確かにその通りです。

しかし、積立投資は、値が下がれば今度は多くの商品を購入できます。短期的には損失が出ても、長期的にはプラスになるケースが多いのです。

この方法は、「ドルコスト平均法」と言って、時間で分散投資をすることになるので、リスクを小さくできます。

サラリーマンならやらなきゃ損な投資など

サラリーマンのような給与所得者の場合、

  • ふるさと納税
  • 確定拠出年金(401k、イデコ)
  • NISA投資

は、やらなきゃ圧倒的に損と言われています。

ふるさと納税は、実質負担2,000円で、色々な商品がもらえます。

確定拠出年金は投資金額が全額非課税となります。平均的なサラリーマンだと税率は30%なので、投資した時点で30%儲かるということです。

NISAは投資で利益にかかる税金20%が非課税になるので、取り分が多くなります。

そして、今回の楽天カード×楽天証券による積立投資は、NISA積立投資をするなら、絶対にやったほうが良いです。確実に1%利回りをゲットして、再投資で更に儲かります。

今日のわかった

世界の投資市場が加熱していて、バブルっぽくて怖いのですが、どこも資金がだぶついているので、上がるのも不思議ではないかなと。

積立投資なので、今後バブルが崩壊しても、損失は限定的です。また積み立てていけば、相場は回復すると思うので。

投資
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました