【漫画】約束のネバーランドが20巻で完結

漫画「約束のネバーランド」を、単行本を買って読み続けていたのですが、とうとう20巻で完結しました。

約束のネバーランド 20

漫画を読み続けていて、完結したのは久しぶりです。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのあらすじ

幸せそうな孤児院の話かと思ったら、実は鬼の食用人間を育てる施設だったというお話。

子供達は施設からの脱出を試み、見事成功するのですが、そこは鬼の世界。

本当に人間の世界に戻れるのかな?と、ちょっと大風呂敷を広げすぎた感があったのですが、無事完結しました。

世界観がしっかりしたお話は面白い

約束のネバーランドの最大の魅力は「鬼の世界」。話が進むにつれて、鬼の世界の様子がわかってきます。

連載当初はそこまで考え込まれていたのかはわかりませんが、結果的にはしっかり作り込まれていました。

進撃の巨人も読み続けていますが、通ずるものがある気がしました。

Amazon プライム・ビデオでアニメ版が見れる

もともとは、Amazonプライム・ビデオで、アニメ版を観たことが始まりでした。

アニメ版はたしかコミックの7巻くらいまで。その後の話は現時点ではコミックを読むしかありません。

※アニメ版の続編も来年公開されるとのこと ⇒ TVアニメ「約束のネバーランド」公式サイト

20巻なら全部買っても1万円くらいなので、大人読みにはちょうど良い量です。

今日のわかった

漫画はすべて楽天koboで読んでいます。普段の支払いの多くを楽天カードを利用しているため、楽天ポイントが貯まるのです。

読書感想文
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました