成績を伸ばすには、教科書に沿ったプリントで勉強するのが一番

小学校の通信簿の成績を上げるには、授業を理解して発言し、テストで良い点を取る必要があります。

そのためには、授業で使われている教科書を中心とした勉強をするのが一番です。なぜなら、学校のテストは授業で教えたことから出題されるからです。

まずは授業で使われている教科書とドリルをしっかりやる。その上で、もっと勉強したいときは、他の参考書やドリルではなく、「教科書に沿った」ものを選んだほうが、成績に直結します。

そこでお勧めなのが、頑張る舎のプリント学習です。小学生なら月900円。年払いなら9,900円と1ヶ月分お得になります。

スポンサーリンク

教材の内容はシンプル

毎月プリントが送られてきます。教科は国語と算数と英語(少なめ)がセットです。

詳しい解答もあります。

理科と社会は別売です。まずは、学習の基礎となる国語と算数からで良いでしょう。

無理なくやりきれる量

一月あたり、各教科20ページです。よって、平日毎日1ページづつ進めればやりきれます。1教科20分くらい。1日30-40分でできる量です。

習いごととの兼ね合いもありますが、学校の宿題を終わらせてからでも十分できる量です。

休日に進めても良いと思います。

学習塾の1教科1ヶ月分の値段で1年分

頑張る舎は教科書に沿っている上に、安いのが良いですね。年間1万円って、学習塾の1教科一ヶ月分くらいです。

最初の1ヶ月はお試しで無料なので、一度取り寄せてみてはいかがでしょうか。

学習習慣をつけてコツコツが強い

小学生のうちから自宅学習を習慣づけておくと、中学生になってから楽だと思います。

最近の高校入試は、内申点が大きいです。中学1年生からスタートダッシュをかけないと、2-3年生で頑張っても、間に合わないかもしれません。

特に国語や数学、英語といった「垂直科目」は、積み重ねが重要なので、一度遅れてしまうと、取り戻すのに倍以上の労力と時間がかかります。

勉強はコツコツ進めておくことが大切です。

【公式サイト】

コメント

タイトルとURLをコピーしました