自転車タイヤ修理 空気を入れるところから空気が漏れる

自転車のタイヤの空気を入れる箇所から空気が抜けていました。

100円ショップで購入した部品で簡単に修理できたので紹介します。

スポンサーリンク

原因は虫ゴムの劣化

自転車のタイヤの空気が抜けていたので、空気入れで空気を入れたのですが、入れた空気がどこからか抜ける音がします。

調べてみると、パンクをしているわけではなく、空気を入れるところ(バルブ)から空気が漏れてしまっていることがわかりました。

バルブに取り付ける虫ゴムが劣化していました。

100円ショップで虫ゴム購入

100円ショップで、バルブ修理セットを購入しました。虫ゴムだけでも売っていましたが、今回はセットを購入。虫ゴムはカットされていて、十分な数が入っています。

古い虫ゴムを取り除いて、新しいゴムを取り付けました。

ついでにもう片方も交換

ついでにもう片方のタイヤも虫ゴムを交換しました。

同じように劣化している可能性が高いので。調べてみたら、かなり劣化していました。

これでしばらくは安心して自転車に乗れます。

今日のわかった

簡単に修理できるので。是非チャレンジしてみてください。

便利グッズ
スポンサーリンク
当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました