テレビのリモコン故障による経済的損失は?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_4651

最近、テレビのリモコンが調子が悪い日が続いていて、ようやく買い替えました。3ヶ月くらい調子が悪かったです。

この間の経済的損失について、ザクっと計算してみました。

スポンサーリンク

3ヶ月で5,400円の損失

どう調子が悪かったかというと、電源ボタンの接触が悪くなってしまったようで、強い力で長押ししないと、電源がON/OFできないのです。

不安になりながらボタンを押す時間を5秒。夫婦で一日5回ON/OFFするとして、5×2=10回

3ヶ月=100日として、5秒×10回×100=5,000秒=1.4時間の損失です。

普通の会社勤め人の時間単価が4,000円(根拠はなく私の実感)だとすれば、4,000×1.4=5,600円

今回購入したリモコンは3,000円ですので、かなり損をしてしまったということです。もっと早く買い替えれば良かった。

iPhoneも修理

iPhoneも調子が悪くなってしまい、この2ヶ月間で、東京で3回も交換してもらいました。

明らかに故障をしていて、修復する見込みが無いものは、すぐに修理、もしくは買い替えをした方が効率が良いということですね。

DSC_4650

テレビのリモコンは量販店では売っていません。ネットで探すと簡単に見つかります。

リモコンには必ず、型番が表示されています。型番をアマゾン等で検索すれば見つかるはずです。私が購入したリモコンはRMT-B003Jでした。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です