トレイルランの走り方 – 初心者の視点から

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_4512

この夏からマラソンのトレーニングの一環として始めたトレイルラン。トレイルラン初心者からの視点で、トレランに必要な知識をまとめてみました。

低山を2時間くらいの行程で走る、初心者向けのトレランには参考になるはずです。

スポンサーリンク

登り

IMG_4747

とにかく腿を上げて走ってはだめです。あっという間に消耗します。結構辛いのが階段。一段の段差が高いので、階段の通りに走ると、あっという間に消耗します。一歩一段よりも二歩で一段登る。脇に斜面があるのであれば、そっちを小刻みに登るのあり。ジャンプもだめです。とにかく小幅で地道に足を運ぶ。

歩く場合は、ある程度歩幅を広くしてもOK。急登は走るより歩いたほうが速いこともあります。階段は歩いたほうが良いかもです。

下り

IMG_4758

前傾姿勢気味で斜面につっこんでいったほうが良いです。足から入ると。ズルっといって転びやすくなります。怖がるほどスピードが落ちます。スキーの感覚に似ています。私一応スキー検定は2級は持ってますので、なんとなくわかります。

下りも、2歩で降りれるところと、3歩で降りるように、刻んだほうが安定感が出ます。サイドステップも利用して、ぴょんぴょん降りる感じがよいかと。

DSC_2017

靴は重要です。トレランシューズがお勧めです。専用シューズはクッション性とグリップ力が抜群です。特に下りは道具の力がモノを言います。普通のシューズで無理をすると、岩の突き上げや、つま先が岩に激突して、足を痛めるので注意が必要です

スピードマネジメント

IMG_4390

山で最初からスピードを上げると、あっという間に消耗します。登山では最初はじっくり足慣らしして足を温めます。でないと、浮き足に足を取られて、足をくじくとか、結構あります。

登りは身体能力。下りはテクニックでタイムが決まります。得手不得手はあると思います。下りは訓練で飛躍的にタイムを縮めらますし、下りのダメージは足を鍛えてくれます。普段のトレーニングは、登りはほどほど。下りはマックスで降りたほうが、気持ちよいですし、総合的なトレーニングになると思います。

ザック

DSC_1951

DSC_3169

腰の部分のポケットがあるタイプをお勧めします。サプリや携行食などを入れておくと、走りながら補給できます。携帯電話やスマートフォンを入れておけば、綺麗な景色を見つけたらすぐにシャッターを切れます。

DSC_3170

水の補給はハイドレーションやボトルで。ハイドレーションはかっこ良いです。レースではボトルの方が便利だそうです。残量を確認しやすく、水の補給作業が楽だからです。ハイドレーションはザックから一度出さないといけないので。

サングラス

トレイルランではサングラスは必須です。木の枝と紫外線から目を守るためです。あまり暗いレンズだと、暗い森の中だと見えにくくなるので不向きです。

すれ違うトレイルランナーやハイカーさんたちとコミュニケーションをしやすくするためにも、目が見える明るいグラスの方が良いようです。

今日のわかった

9月にトレイルランの初レースです。レースとなるとまた装備が変わってくるのでしょう。

仲間に聞いたり、調べたりして、しっかり準備をしていこう。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です