弱点は個性になり、ブランドにつながる 地方水族館、竹島水族館の意地

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ラグーナテンボスの帰りに、竹島水族館へ行ってきました。公営の小さな水族館です。大きな水槽はありませんが、規模が小さいことを逆手にとって、面白い展示をしています。

後で知ったのですが、コアな水族館ファンの間では有名だそうです。

こちらが竹島水族館です。港町によく見かける鉄筋の雑居ビルの一角にあります。一瞬ひるむかも。

中に入ってみると、小ぎれいな展示が並んでいます。広くはありません。かなりコンパクトな水族館です。さっと回ったら、10分ぐらいで見終わってしまう感じです。

ところが、この水族館。一つ一つの展示は小さいのですが、じっくり時間をかけて回るための仕掛けがしてありました。

水槽の周りに掲示してある、スタッフが書いた直筆のコメントが、とても面白いのです。

例えばカワハギの水槽には、「カワハギと遊んでみよう」という表示が。

お札をヒラヒラさせると、好奇心の強いカワハギは寄ってくるそうです。「まれに飼育員もよってきます」とか。まあどうでもよいことなんですけど。クスっと笑ってしまいます。

履歴書ならぬ、「魚歴書」も面白いです。チンアナゴは、体の2/3は砂の中に隠れているそうです。へー。

ぜひ、砂を透明にして中の様子を見てみたいです。魚歴書でチンアナゴさんは「怖い」と言ってますけどね。砂の中ではどうなっているんだろ?

サンゴの展示が綺麗でした。大きな水族館には負けない! 竹島水族館の意地を感じました。

毛ガニがたくさんいました。タカアシガニもいます。これらはすべて触れます。

ヒトデやゾウリムシも触れます。

朝一だったので、魚たちに食事を与える様子を見ることができました。カメが魚の切り身に噛み付いている様子です。

竹島水族館の大型魚は、買う予算がないので、安い小魚を買ってきて、飼育員が育てて大きくしているとのこと。「小さい、貧乏」を逆手に取った面白いコンセプトですよね。魚をしっかり育てられるノウハウを持っていることは、水族館のブランドにつながります。

▼▼▼▼

飼育員の方々が、子供たちに気さくに声をかけてくれる、フレンドリーな雰囲気の水族館です。

ラグーナテンボスへ遊びに行く時には、ぜひ寄ってみることをお勧めします。

竹島水族館

今日のわかった

宿の近くにあったので、事前知識もなく寄ってみたのですが、面白かったです。飼育員直筆のコメントやパネルがツボでした。

後で調べてみたら、実は密かに人気の水族館だったといこと。納得です。

弱点ととらえず「個性」と考えることで、どんな状況でも面白いことができそうです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です